手足のかゆみの原因は糖尿病や腎不全

かゆみが警告する病気とは?

糖尿病が原因のかゆみ

営業の仕事中、突然足の外側のかゆみ
その後、かゆみは強くなり仕事に集中できない
仕事の途中に皮膚科の医者に行くと、原因不明ですと軟膏をもらった。
内科の病院で血液検査をすると糖尿病ですよと言われた。

かゆみの原因は糖尿病だった。
糖尿病は血液の流れが悪くなる、血糖値が高くなることによって全身に脱水症状。
高血糖になると、糖分を排泄するため尿の量が増えて体の水分量が減少する。

脱水により体が乾燥しかゆみが起こる。
血流が悪くなるため、神経障害が起こり、かゆみがでることもある。
薬を塗っても治らない手足のかゆみは糖尿病の可能性がある。

腎不全が原因のかゆみ

布団に入ると全身にかゆみが起こる58歳女性。
かいたところに湿疹はない。
足のむくみや高血圧。慢性腎不全。
血液をろ過する腎臓の能力がじょじょに低下する病気。
腎不全によって体に老廃物がたまってしまい、それがかゆみを引き起こす。

かゆみの症状がでる病気

糖尿病、すい臓癌、慢性腎不全、胆管がん、肝硬変

肝臓の病気になると解毒機能が低下し、全身にかゆみが出ることがある。
いつもと違うかゆみがでたら内科の病院に行くのがいい。