抗生物質で治らない膀胱炎の原因は便。大腸憩室炎だった

公開日: : 泌尿器科

尿で満タンにした膀胱エコーで白い影
10年治らない膀胱炎の原因をたけしの健康の医学でやってました。
尿で満タンにした膀胱エコーで白い影。
横になって再度エコーをするとその影が動く。
膀胱の中を浮遊する粒状の遺物は便でした
膀胱の中を浮遊する粒状の遺物は便でした。

問題の患者の膀胱鏡画像は小さな浮遊物で濁っていた
健康な人の膀胱鏡画像は澄んでいて視界が開けている。
だが、問題の患者の膀胱鏡画像は小さな浮遊物で濁っていた。

反復する膀胱炎の原因は大腸憩室炎

大腸憩室炎は腸壁の一部が袋状に飛び出して便などが詰まって炎症が起きる病気。
この10年治らない膀胱炎の患者はS状結腸に憩室炎ができていた。
S状結腸の炎症が大腸の裏側から膀胱に癒着し穴が開き繋がり瘻の状態
そのS状結腸の炎症が大腸の裏側から膀胱に癒着し穴が開き繋がり瘻の状態になった。
尿道からおならが出るのは、大腸のガスが膀胱に入り尿とともに出るためだった。

便が絶え間なく膀胱内に入ってくる。
いくら抗生物質を飲んでも雑菌が繁殖。
膀胱炎を繰り返す、反復するというものだった。

膀胱炎患者の数万人に1人の症状らしいです。
抗生物質で治らない膀胱炎、尿道からおならがでるなどは要注意です。

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑