朝の勃起 男性妊活中はサウナ利用も注意

公開日: : 最終更新日:2015/05/24 泌尿器科

ツヤツヤピンピン!男性医療の総合デパート

薄毛の原因はテストステロン

体毛化、毛が細くなる。
AGA男性型脱毛症は成人男性9割。
前頭部からM字から後退。
一番の原因はテストステロン。

男性ホルモンの一種で頭髪や筋肉の成長を促進させる物質。
悪玉ホルモンが細くする。

薄毛には2種類の薬がある

飲む治療薬フィナステリド
塗る治療薬ミノキシジル
毛髪の成長をうながす。3ヶ月以上続ける必要がある。
しかも服用をやめると薄毛に戻る。

男性更年期。仕事への意欲がうせた

テストステロン正常は11.8以上。
男性ホルモンの低下は朝勃起のありなしでわかる。
テストステロンは夜間の睡眠中に作られる。
それが正常に行われている朝の勃起。

気力の低下と勃起不全につながりがある。
改善策はテストルテロンゲルという塗り薬。
根本からよくする衝撃波の治療。
イスラエルで開発された機械。
ED根本治療、2ヶ月間の治療。

男性妊活仲はサウナ利用も注意

男性妊活仲はサウナ利用も注意
ブライダルチェック、ようは子供が欲しいということ。
男性生殖機能があるかどうか。
35歳をピークに落ちる。
睾丸のなかで精子はつくられる。
睾丸の大きさはオーキドメーターでチェックできる。
指三本ぐらい大きく発育している。
睡眠時間が少ないと機能が落ちる。

ビタミン剤と漢方で精子の動きをよくする。
膝上パソコンは睾丸を暖めて精子を作る力をおとす。
精子を快適は34度~35度。
妊活中は過度なサウナ利用も注意しましょう。

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑