腎臓病リスク早見表ー健康診断結果の見方

腎臓病リスク早見表
クレアチニンを規定する因子で筋肉量。
運動する方は筋肉の量が多いので少し高く出ることがある。
クレアチニン1.1以上はひとつの目安なので病院でチェックするのもいい。

食事の塩分とたんぱく質をとりすぎないことが大事。
塩分を取ると腎臓がろ過する塩分・水分の量が増えるから負担がかかる。
たんぱく質の燃えカスの窒素成分が体の中に老廃物として溜まるので負担がかかる。

激しい運動の後にでる血尿は、筋肉の一部のミオグロビンが出ている。
血尿と紛らわしい色の茶褐色なので血尿と間違える。
水分と安静が必要。

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑