腎臓病リスク早見表ー健康診断結果の見方

腎臓病リスク早見表
クレアチニンを規定する因子で筋肉量。
運動する方は筋肉の量が多いので少し高く出ることがある。
クレアチニン1.1以上はひとつの目安なので病院でチェックするのもいい。

食事の塩分とたんぱく質をとりすぎないことが大事。
塩分を取ると腎臓がろ過する塩分・水分の量が増えるから負担がかかる。
たんぱく質の燃えカスの窒素成分が体の中に老廃物として溜まるので負担がかかる。

激しい運動の後にでる血尿は、筋肉の一部のミオグロビンが出ている。
血尿と紛らわしい色の茶褐色なので血尿と間違える。
水分と安静が必要。

関連記事

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

no image
手術後に再発した場合救済放射線治療の可能性は?

51才の男性です。 PSA4.4、前立腺生検12本中2本(左側のみ)

→もっと見る

PAGE TOP ↑