前立腺肥大症レーザー手術尿道頻尿残尿感排尿障害陰茎の先端

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 泌尿器科

泌尿器科で多い病気の一つに男性の前立腺が大きくなる病気、前立腺肥大症がある。
加齢で排尿障害が置き、昼から尿が出なくなって深夜にもでなくなって膀胱がパンパンになって
深夜救急病院で管を入れて道尿してもらう人もいる。
関西労災病院では最新のレーザー治療器で大幅に出血を抑えた治療をしている。

尿道を囲むため肥大すると尿がでにくくなる前立腺

前立腺は膀胱の下にある尿道を取り囲むクルミ大の器官で50歳ぐらいから大きくなり始め、前立腺の中央を走る尿道が圧迫されて狭くなり、頻尿や残尿感などの排尿障害が起きやすくなる。
60歳以上で50%、85歳以上で90%が前立腺肥大症を発症する。
軽症なら薬物治療を行うが、尿がまったくでないなど重症化すれば手術を検討する。

従来はまず陰茎の先端から尿道にカテーテルを入れて小型カメラや電気メスで前立腺に到達させ、カメラの映像を見ながら、不要な組織を削り尿道を広げる。
だが、削る過程で一部の血管を切るのは避けられないため出血量が多くなる。
血栓予防でワーファリンなどの血液を固まりにくくする薬を飲んでいる人は
大量出血に繋がる恐れがあり、手術を受けられない。

手術をしたとしても削った部分がしばらく腫れて傷むことが多く、管を抜くまでに2~3日、入院期間は1週間ぐらいかかる。

新しい手術は出血も負担も少ない

関西労災病院では2012年の12月に電気メスの代わりのグリーンライトレーザーを関西では一番早い段階で導入したそうです。
従来の手術では約1割で輸血が必要でしたが、このレーザーを使うと出血が少ないので輸血するケースはほとんどない。
血栓予防薬を飲んでいる人でも手術ができる。

レーザーを前立腺の不要な組織にあてるとあわ立つように消えていく。
レーザーには傷口をふさぐ効果もあり、即座に止血も出来る。
手術時間や約1時間。

この手術は海外ではすでに50万件以上の実績がある。
日本でも11年に保険適用され広がり始め今月1日現在で全国37施設が導入している。
ほとんどの場合手術翌日に管を抜き、3~4日で退院できる。
術後の痛みを訴える人も少ない。
今後さらに広がるのではないかと話す。

25年8/18のくらし・健康・医療欄、深化する医療よりご紹介。

関連記事

no image

男性の冷えの原因は腰痛、坐骨神経痛

冷え性 女性特有そうですが、 江戸時代

記事を読む

透析前の準備セット

塩分と水がたまり体重が増えた腎臓病の悪化

腎臓は一度だめになると回復しない。 腎

記事を読む

no image

男前立腺がん健診転移の無い初期癌PSA値が高い前立腺肥大

前立腺がんをMRI撮影、前立腺の辺縁域に

記事を読む

no image

腎臓クイズ、正常な尿は太さと量でわかる前立腺肥大

尿は腎臓で血液がろ過されてできる老廃物や

記事を読む

no image

尿漏れ尿失禁と産後太りと骨盤の骨の関係

尿意がないのに尿が漏れてしまう尿失禁。

記事を読む

no image

前立せんがんの新薬、エンザルタミド、アビラテロン、カバジタキセル

前立せんは男性だけが持つ臓器で、膀胱の真

記事を読む

no image

足の血液を腎臓に運ぶ方法

尿のお悩み3。 夜間頻尿 眠りを妨

記事を読む

男性妊活仲はサウナ利用も注意

朝の勃起 男性妊活中はサウナ利用も注意

ツヤツヤピンピン!男性医療の総合デパート

記事を読む

切迫性尿失禁といち流性性尿失禁

前立腺肥大の尿漏れ。尿道の内視鏡、前立腺エコーの画像

男性用尿漏れパッドなどの商品が出ている。

記事を読む

no image

中学生で陰嚢がおおきくなっている原因は横紋筋肉腫

進学の時期に高校二年生 6月にお風呂で

記事を読む

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑