前立せんがんの新薬、エンザルタミド、アビラテロン、カバジタキセル

公開日: : 最終更新日:2014/10/15 泌尿器科

前立せんは男性だけが持つ臓器で、膀胱の真下にあり、栗の実のような形状。
排尿をスムーズにしたり、精液の流れを調節したりするのが役割で精液の一部である前立せん液を作る。

がん対策情報センターによると人口10万人当たりの前立せんがんによる死亡数は、昭和63年には20人だったが、平成24年には40人を超えた。
「がん統計白書」によると、6年後の患者数は約10万人で、男性癌の患者数第1位になると予想されている。

前立せんがんは50才以降に急増し、病理解剖のデータからすると、高齢男性の60%以上に潜在的ながんがあると推察されている。
進行の速さは悪性度や年齢によって異なり、何十年も進行しない人もいれば、1年程度で急激に悪くなる人もいる。

前立せんがんの治療法

治療法としては手術、放射線治療のほか、男性ホルモンを遮断する薬物療法(ホルモン療法)も広く行われている。
根治はされないが、前立せんがんは精巣から分泌される男性ホルモンにより進行することから、薬物による去勢状態を作り出すことで、進行を抑えられるからだ。

薬物に抵抗性

しかし、長年ホルモン療法を続けていると、やがて大部分の患者は精巣から男性ホルモンを作り出さないのにもかかわらず、がんが進行する状態「去勢抵抗性前立せんがん(CRPC)」に移行するとされる。

たとえば、65歳でホルモン療法を始め、3~5年で進行を抑えたあと、CRPCになったとする。
すると、自覚症状がない場合でも平均余命は約2年、症状がなく転移がある場合は1年~1年半、痛みがある症状がある場合は約1年しかないという。

近年の研究で副腎と前立せんがんそのものが男性ホルモンを生成し、腫瘍を大きくすることがわかり、より完全に男性ホルモンの生成を抑える新薬の開発が進展。
日本では今年5月にアステラス製薬が、「イクスタンジカプセル」一般名エンザルタミドを発売。
アストラゼネカとヤンセンファーマも「ザイティカ」同・アビラテロンを今月2日発売した。

治療に選択肢

これまでホルモン療法が効かなくなった患者に対しては、たった1種の抗がん剤(ドセタキセル)を使うしかない状況が長年つづいていた。
今回発売された新しいホルモン剤2種類が、CRPCの第一選択肢になると話す。

その他、サノフィも新たな抗がん剤、ジェブタナ(同・カバジタキセル)の販売を開始、従来の抗がん剤よりも末梢神経への影響が少ない。
たとえ70歳以上でCRPCになっても、新薬を適切に使うことで、平均寿命までより良い生活を目指す治療の選択肢が増えた。

エンザルタミド

男性ホルモン受容体阻害薬。
商品名:イクスタンジカプセルなど
前立腺がん細胞にある受容体と男性ホルモンがくっつかないようにする作用がある。
男性ホルモンが癌細胞の内部に届かなくなり、がんの増殖を抑える。
1日1回160mgを経口投与する。
主な副作用は疲労、背部痛、便秘、関節痛、一部にけいれん発作も。

アビラテロン

男性ホルモン生成酵素阻害薬。
商品名:ザイティガ錠など
精巣、副腎、前立腺がんで男性ホルモンの生成に関わる酵素が働かないようにし、男性ホルモンの生成を抑える。
1日1回空腹時に1000mgをステロイド剤(プレドニゾロン)と併用して経口投与する。
主な副作用は疲労、背部痛、関節痛など。

カバジタキセル

商品名:ジェブタナ
癌細胞内のたんぱく質にくっついて細胞分裂を防ぎ、癌の増殖を抑える抗がん剤。
臨床試験で抗がん剤「ドセタキセル」投与後に使用し、死亡リスクを3割減らせるなどの効果を示した。
抗がん剤。ステロイド剤と併用し、1日1回1時間かけて3週間おきに点滴静注する。
重い副作用として白血球減少がある。

前立せんがんの発見と避妊薬?

前立せんがんは、血液検査PSA、前立せんエコーで発見できる。
考えてみれば、女性ならピルのように、男性向け避妊薬として、ホルモン薬は使えるということですよねと思います。
男性の避妊なんて、少々体に害があっても構わないんですから。

関連記事

no image

腎臓クイズ、正常な尿は太さと量でわかる前立腺肥大

尿は腎臓で血液がろ過されてできる老廃物や

記事を読む

no image

男前立腺がん健診転移の無い初期癌PSA値が高い前立腺肥大

前立腺がんをMRI撮影、前立腺の辺縁域に

記事を読む

no image

腎臓の機能と働き、尿の色でわかる腎臓病のサイン

尿の色でわかる腎臓病のサイン。 尿の色

記事を読む

腎臓病リスク早見表

腎臓病リスク早見表ー健康診断結果の見方

クレアチニンを規定する因子で筋肉量。

記事を読む

no image

前立腺肥大症レーザー手術尿道頻尿残尿感排尿障害陰茎の先端

泌尿器科で多い病気の一つに男性の前立腺が

記事を読む

S状結腸の炎症が大腸の裏側から膀胱に癒着し穴が開き繋がり瘻の状態

抗生物質で治らない膀胱炎の原因は便。大腸憩室炎だった

10年治らない膀胱炎の原因をたけしの

記事を読む

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす

尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓

記事を読む

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

頭痛の原因、お腹CTを取ったら副腎の異常

記事を読む

尿の泡立ち+足のむくみ=腎臓病の確立50%

腎臓が悪いがわかる、下痢、のどの痛み、泡立ち、足のむくみ、血尿

腎臓病になる意外なきっかけは? 腎臓が

記事を読む

no image

前立腺癌の治療法の相談 健診 PSA値 針生検 ホルモン治療

がん電話相談から 質問 58歳男

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑