「 出産、婦人科、産婦人科 」 一覧

女性特有の婦人科疾患、産婦人科(不妊、妊娠、出産)の症状などをご紹介します。

エジンバラ産後うつ病の質問から傷つく不幸に思うこと

産後うつは子供を出産した後のホルモンバランスの急激な変化や、 育児への不安、社会的孤立など多様な要因から発症するうつ病の一種。 出産後半年ごろまでに発症すると言われる。 国内出産後の女性の発

続きを見る

プロラクチンが上がるプリンペランやナウゼリン

吐き気の薬であるプリンペランやナウゼリン。 胃薬ドグマチール。 これらの薬はプロラクチン上がるので妊娠を考えているなら飲まない方がいい。 プロラクチンが高くなると妊娠できない理由 乳中

続きを見る

正常な月経を知る、病院に行った方がいい?

月経について病院に行った方がいい症状かどうかを知るわかりやすい情報をご紹介します。 新社会人で初めての1人暮らし。 月経が1回なかった。 その後数日遅れたり早まったりする。 この場合は受診

続きを見る

更年期は林修みたく無脂肪乳を飲んでスリムな体!

更年期は閉経の前後5年間で、個人差があるが、45~55歳くらいに相当する。 卵巣機能の変化で女性ホルモンの分泌がヘリ、ほてるやのぼせ、汗をかく、疲れやすい、不安、物忘れなどの症状が出ることが多い。

続きを見る

妊娠中でも使える薬の一覧と注意事項

レディースクリニックでもらってきた治療のための妊娠中でも使われる薬の一覧例。 安全性を保証するものではないらしい。 妊娠中で使える薬が不安ならば参考に。 区分

続きを見る

ヤーズ配合錠の効果と使った感想

ヤーズ配合錠は簡単に言えば超低用量ピル。 生理痛、PMS対策のヤーズ配合錠は、妊活するなら3ヶ月前に停止。 1個(1シート)で28日分、値段は2ヶ月で5000円ちょっとぐらい。 海外で認めら

続きを見る

流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない

着床前スクリーニング(着床前検査) 体外受精させた受精卵を子宮に戻す前に染色体の数の異常を検査し、 異常のない受精卵だけを戻して出産を試みる技術。 通常は受精卵が4~8分割した初期段階で1~2個

続きを見る

過多月経の原因、どれぐらいの量で?

過多月経はどれぐらいの量から? 生理期間中の経血の量は平均50~100ミリリットル。 140ミリリットルを超えると過多月経とされる。 月経期間中の総量を把握するのは難しいが、昼でも夜用ナプキ

続きを見る

PMSは腸内細菌で軽減する可能性がある

PMSは治療法や特効薬がないが腸内細菌が関係している。 月経がはじまる3~10日前に起こる身体的・精神的症状「月経前症候群(PMS)」。 80%以上の女性から何らかの不調を感じるといわれているがは

続きを見る

日中の眠気がある更年期障害

51歳女性の悩み2年ほど前から様々な症状。 肌のかゆみ、摂食障害、起床時の疲労感、日中の眠気、半年間生理が無い。 婦人科で血液検査と子宮の超音波検査を行った。 その結果、更年期障害と診断。

続きを見る

採血NIPTと羊水検査の時期と中絶手術は妊娠22週目まで

生まれる出生時に先天性疾患が起こる確率は3~5%らしく、年齢が高くなるほど上昇する。 主な染色体疾患13トリソミー、18トリソミー、ダウン症(21トリソミー)。 ともに重い知的障害を伴う。

続きを見る

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑