流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

着床前スクリーニング(着床前検査)
体外受精させた受精卵を子宮に戻す前に染色体の数の異常を検査し、
異常のない受精卵だけを戻して出産を試みる技術。
通常は受精卵が4~8分割した初期段階で1~2個の細胞を取り出し、染色体や遺伝子を調べる。

日本産婦人科学会は平成27年3月28日、体外受精させた受精卵の染色体異常を調べる「着床前スクリーニング」の臨床研究を正式に了承した。
来年度にも開始する。
流産を繰り返す女性を対象に、染色体異常がない受精卵を子宮に戻し、妊娠率が向上するかを3年かけて調べる。
異常がない受精卵を選んで子宮に戻す着床前検査をめぐっては、異常を
持つ子供が生まれる可能性が排除されるため「命の選別」に繋がるとの批判がある。

苛原稔常務理事は「医学的に価値ある治療となれば、倫理的な問題についても検討していく」と述べた。
臨床研究は流産を2回以上繰り返す助成と3回以上体外受精に不成功の女性が対象。
受精卵の染色体異常を調べ、子宮に戻すのに適切かどうかをふるい分ける。

検査費用は原則として患者負担。
300例検査し、検査しない300例より出産率が向上するか検証する。
生まれた子供の健康は小学校入学まで追跡する。
研究に参加する施設などは今後決める。
学会は特定部位の異常を調べる「着床前診断」は認めているが、流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない。
今回の指針は変えず、臨床研究として有効性を検討する。

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑