流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

着床前スクリーニング(着床前検査)
体外受精させた受精卵を子宮に戻す前に染色体の数の異常を検査し、
異常のない受精卵だけを戻して出産を試みる技術。
通常は受精卵が4~8分割した初期段階で1~2個の細胞を取り出し、染色体や遺伝子を調べる。

日本産婦人科学会は平成27年3月28日、体外受精させた受精卵の染色体異常を調べる「着床前スクリーニング」の臨床研究を正式に了承した。
来年度にも開始する。
流産を繰り返す女性を対象に、染色体異常がない受精卵を子宮に戻し、妊娠率が向上するかを3年かけて調べる。
異常がない受精卵を選んで子宮に戻す着床前検査をめぐっては、異常を
持つ子供が生まれる可能性が排除されるため「命の選別」に繋がるとの批判がある。

苛原稔常務理事は「医学的に価値ある治療となれば、倫理的な問題についても検討していく」と述べた。
臨床研究は流産を2回以上繰り返す助成と3回以上体外受精に不成功の女性が対象。
受精卵の染色体異常を調べ、子宮に戻すのに適切かどうかをふるい分ける。

検査費用は原則として患者負担。
300例検査し、検査しない300例より出産率が向上するか検証する。
生まれた子供の健康は小学校入学まで追跡する。
研究に参加する施設などは今後決める。
学会は特定部位の異常を調べる「着床前診断」は認めているが、流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない。
今回の指針は変えず、臨床研究として有効性を検討する。

関連記事

no image

無月経が疲労骨折の原因、無月経と骨密度

月経が3ヶ月以上ない状態を続発性無月経と

記事を読む

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

no image

妊娠しやすいのは排卵の2日前。月経から2週間、排卵日ではない

晩婚化などにより不妊に悩むカップルが増え

記事を読む

no image

白血病と採卵、卵子凍結と放射線治療、抗がん剤と妊娠出産

卵子凍結、白血病難しい採卵の時期。 中

記事を読む

子宮内膜症

正常な月経を知る、病院に行った方がいい?

月経について病院に行った方がいい症状かど

記事を読む

no image

過多月経の原因、どれぐらいの量で?

過多月経はどれぐらいの量から? 生

記事を読む

no image

日中の眠気がある更年期障害

51歳女性の悩み2年ほど前から様々な症状

記事を読む

no image

エジンバラ産後うつ病の質問から傷つく不幸に思うこと

産後うつは子供を出産した後のホルモンバラ

記事を読む

no image

黄体補充。卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招く

不妊治療として行われる体外受精や顕微鏡受

記事を読む

プロラクチンが高くなると妊娠できない理由

プロラクチンが上がるプリンペランやナウゼリン

吐き気の薬であるプリンペランやナウゼリン

記事を読む

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑