白血病と採卵、卵子凍結と放射線治療、抗がん剤と妊娠出産

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

卵子凍結、白血病難しい採卵の時期。
中部地方の会社員の女性26歳は4月下旬に白血病と診断された。
2月頃から貧血と立ちくらみがあり、地元の病院で詳しい検査を受けると、白血病で骨髄移植が必要と言われた。
主治医は抗ガン剤治療などの過程で卵巣が影響を受けて「閉経する可能性がある」と指摘した。

閉経するということが女性は主治医の言葉を聞いても理解できなかった。
まだ結婚もしていないのに。
白血病の告知よりもショックだった。

癌の放射線治療の前に卵子凍結

主治医からは癌治療を終えた後の妊娠・出産に備え、治療前にあらかじめ卵子を取っておき、凍結できる方法があると知らされた。
将来妊娠・出産を望める段階になってパートナーがいれば凍結した卵子を解凍して体外受精できるという。
女性はすぐに主治医に紹介された地元の不妊治療クリニックを訪ねた。

採卵は、月に一度の排卵周期に合わせないといけない。
抗ガン剤の治療開始時期が迫っていた女性には時間的に難しかった。
だが諦めきれず主治医と相談し、病状が安定していることから、採卵後に癌治療を行うことにした。
排卵誘発剤を自分で注射して15個を採卵、凍結した。

卵子凍結の費用は結構高いです

初期費用は70~100万円、維持費年間1万円越えぐらいかかるそうです。
卵子15個ならば、年間15万円ぐらいかかります。
もしするならば実績のあるクリニックでやったほうがいいです。
卵子凍結という技術が簡単なわけではないので、実績のないクリニックだと、失敗して死んでしまう可能性もあるからです。
凍結の温度は、-150度~-196度ぐらいらしいです。
冷蔵庫では不可能で、液体窒素が随時必要な温度です。

卵子温存の放射線治療と抗がん剤医療

女性は今、自治医大さいたま医療センターで治療を受けている。
血液科教授の神田先生が放射線治療の際、卵巣の部分だけを厚いタングステンで覆い、放射線を遮断して卵巣機能を守る治療を行っているからだ。
残された卵巣機能をおんぞんするために、この治療を受けた血と女性は医療センターに転院した。

女性のようにがんの治療前に採卵という形で、
妊娠の可能性を残すことができる若年癌患者はまだ多くない。

抗がん剤の種類や放射線照射の程度など治療内容によって卵巣が影響を受ける程度は異なる。急性骨髄性白血病など診断後すぐに治療に入らなければならない場合、治療前の採卵は難しい。
タイミングを見てがん治療に支障が出ないようにするには、
癌治療医と産婦人科の連携が欠かせない。

こうした治療の普及と医師や医療機関の連携を進めることを目的に、2012年の11月に産婦人科医を中心に「日本がん生殖医療研究会」が設立された。
日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産
治療の相談ができる全国の病院を紹介している。

医療技術が進み、治療後に妊娠が望める患者も増えている。
癌治療が最優先だが、できる限り妊娠・出産の可能性を残していきたいと話す。
2013年10月14日の産経新聞の医療ルネサンスを参考に自分の話も混ぜました。

関連記事

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑