白血病ウイルスの母乳感染率とリスク ATL,HAM,HU

公開日: : 最終更新日:2014/01/23 出産、婦人科、産婦人科

長崎に住む40代女性がそのウイルスへの感染を知ったのは長男を身ごもった22年前の妊婦検診のときだった。
血液検査で白血病のウイルスが見つかりました。
母乳を通じて赤ちゃんに移る可能性があります。
何のことかわからずポカンとした。


感染したのはHTLV-1というウイルス。
発症する確率は高くないが、成人T細胞白血病(ATL)という重い白血病の原因となる。
九州を中心とした西日本に感染者が多く、長崎県は全国に先駆け、1987年から全妊婦のウイルス検査を始めていた。

HTLV-1とは

主に母乳や性交渉、輸血で感染し、全国民の約1%にあたる、108万人が感染していると推測される。
成人T細胞白血病(ATL)や脊髄麻痺が徐々に進行してあるきにくくなるHTLV-1関連脊髄症(HAM)、目の炎症が起きるHTLV-1関連ぶどう膜炎(HU)の原因となる。
生涯にATLは5%程度、HAMは0.3%程度の発症率で、感染から発症までは40~60年程度かかるとされる。

白血病ウイルスの母乳感染率

生後半年以上、母乳を飲ませ続けた場合、感染率は15~20%とされる。
感染を減らす為、母乳を①全く与えない、②3ヶ月で断乳、③一度凍結して与える、などの対策が知らされる。
感染率は低いと感じ、初めての子に母乳の栄養を与えたかった女性は授乳し続けた。
しかし不安は募り、2年後に生まれた次男には一切与えなかった。
親戚や近所の人たちは、悪気なく、なぜ母乳をのませないの?母乳がでないの?と聞く。
悔しい思いで、白血病のウイルスがあるから飲ませられないと繰り返した。

感染から発症までは40~60年程度かかる

だが、その後は特に気にすることもなく年月が過ぎた。
HTLV-1は感染力が弱い為、日常生活ではまずうつることはない。
2010年冬、足の甲が痛み、陰部や鼻の粘膜が炎症を起こしたときも、
まさかこのウイルスがのせいだとは思わなかった。
近所の整形外科を受診し、レントゲンをしても異常なし。
血液検査で白血球の数値が高かった為、ハッとしてHTLV-1のキャリア(感染者)なんですと伝えたが気にもされなかった。

病院に行くなら血液内科

さらに大きな総合病院にかかりMRIをなど詳しい検査を受けたところ、骨髄が腫れていると指摘された。
そこで再びキャリアであることを伝えると、医師が血液内科に連絡をとった。
血液内科の医師は、白血球の一部が異常に変化している血液検査の結果を見て、明らかにATLを発症していますと告げた。
頭が真っ白になった。
自分がまさかなるはずないと思っていたのに、涙が止まりませんでした。

読売新聞2014年1月21日くらし欄より。この病気は知りませんでしたね。発症まで40~60年かかり、感染したら一生キャリアのままでしかも感染力は弱い。今後とリスクがわかりにくいなとも思いました。1%~ぐらいがキャリアだそうで、自分が感染している可能性も0ではありませんから…

関連記事

no image

妊娠しやすいのは排卵の2日前。月経から2週間、排卵日ではない

晩婚化などにより不妊に悩むカップルが増え

記事を読む

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

無痛分娩で赤ちゃんの発育障害、低酸素脳症を減らせる?

無痛分娩で赤ちゃんの発育障害、低酸素脳症を減らせる?

麻酔薬を使い、出産の痛みを抑える無痛分娩

記事を読む

no image

妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の

記事を読む

no image

妊娠しやすい体作りと食生活

子供が欲しいと思っている人はなるべく早く

記事を読む

no image

障害児が生まれる原因の病気の一つが風疹

妊娠初期で感染で娘に影響が起きた例の話。

記事を読む

no image

過多月経の原因、どれぐらいの量で?

過多月経はどれぐらいの量から? 生

記事を読む

no image

PMSは腸内細菌で軽減する可能性がある

PMSは治療法や特効薬がないが腸内細菌が

記事を読む

no image

赤ちゃんにやさしい病院リスト

平成26年9月5日現在の赤ちゃんにやさし

記事を読む

no image

流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない

着床前スクリーニング(着床前検査) 体

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑