過多月経の原因、どれぐらいの量で?

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

過多月経はどれぐらいの量から?

生理期間中の経血の量は平均50~100ミリリットル。
140ミリリットルを超えると過多月経とされる。
月経期間中の総量を把握するのは難しいが、昼でも夜用ナプキンを使う日が3日以上あったり、普通のナプキン1枚では1時間持たないことが判断基準になる。

過多月経チェック

  • 昼でも夜用ナプキンを使う日が3日以上ある
  • 普通ナプキン1枚では1時間持たない
  • 経血にレバーのような大きな塊が混じっている
  • 以前よりも経血量が増え、日数も長くなった
  • 健康診断で貧血を指摘された

過多月経の原因

子宮の内膜が厚くなり経血量が多い

子宮体癌、子宮内膜増殖症

子宮の止血力が弱い

子宮内膜にできる腫瘍
(子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫)
子宮筋層の異常
(子宮筋腫、子宮腺筋症)
手術痕によるもの
(帝王切開術、または子宮筋腫摘出)
単に経血の量が多い
(特発性過多月経)

貧血の6割の原因が過多月経

鉄分不足による女性の貧血の6割は過多月経が原因といわれる。
出血により血中の鉄分が不足し、酸素を運ぶヘモグロビンが足りなくなって起きる貧血で、立ちくらみや動機、息切れ、倦怠感、味の感じにくさなどの症状が表れる。
放置すると心臓に負担がかかり、心不全に至ることもある。

2014年9月に過多月経の症状を抑える治療薬が承認された。
子宮内装着型のホルモン剤「ミレーナ」(一般名・レボノルゲストレル)で、子宮内に入れると、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンを少しずつ放出する。
平成19年に避妊用として発売されたが、海外では過多月経でも治療実績があり、医療上の必要性が大きいと判断された。

黄体ホルモンが子宮内膜の増殖を抑え、経血量を減らす。一度装着すると効果は最長5年。
妊娠を希望する場合は、医療機関で取り外しできる。
妊娠しやすいのは排卵の2日前

過多月経は健康診断で貧血を指摘され、初めて婦人科を受診する人がほとんど。
見落とされがちだが、重大な病気が潜んでいることがある。
貧血と診断されて鉄分を補充しても改善されなかったり、経血の量が多いと感じたらすぐ婦人科を受診しましょう。

関連記事

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)

採血NIPTと羊水検査の時期と中絶手術は妊娠22週目まで

生まれる出生時に先天性疾患が起こる確率は

記事を読む

no image

子宮筋腫術後で腸の癒着で慢性の便秘

母の子宮筋腫術後で腸の癒着のため慢性の便

記事を読む

no image

エジンバラ産後うつ病の質問から傷つく不幸に思うこと

産後うつは子供を出産した後のホルモンバラ

記事を読む

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモンの低下で女性が感じる、更年期

記事を読む

no image

赤ちゃんにやさしい病院リスト

平成26年9月5日現在の赤ちゃんにやさし

記事を読む

no image

子宮破裂が原因の脳性まひ、妊婦死亡の原因のひとつ

子宮破裂で脳性まひ11件、産経新聞平成2

記事を読む

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

no image

流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない

着床前スクリーニング(着床前検査) 体

記事を読む

no image

妊娠中でも使える薬の一覧と注意事項

レディースクリニックでもらってきた治療の

記事を読む

no image

妊娠しやすい体作りと食生活

子供が欲しいと思っている人はなるべく早く

記事を読む

寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった
寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった

原因不明の間質性肺炎 乾いた咳が止まらない 間質性肺炎を引き起

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300
ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調解消スペシャルよりです。

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった
喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

頭痛の原因、お腹CTを取ったら副腎の異常だったとか、 長引く腹痛で胸

ミントタオルの作り方
ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでインフルエンザ予防になります。

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑