過多月経の原因、どれぐらいの量で?

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

過多月経はどれぐらいの量から?

生理期間中の経血の量は平均50~100ミリリットル。
140ミリリットルを超えると過多月経とされる。
月経期間中の総量を把握するのは難しいが、昼でも夜用ナプキンを使う日が3日以上あったり、普通のナプキン1枚では1時間持たないことが判断基準になる。

過多月経チェック

  • 昼でも夜用ナプキンを使う日が3日以上ある
  • 普通ナプキン1枚では1時間持たない
  • 経血にレバーのような大きな塊が混じっている
  • 以前よりも経血量が増え、日数も長くなった
  • 健康診断で貧血を指摘された

過多月経の原因

子宮の内膜が厚くなり経血量が多い

子宮体癌、子宮内膜増殖症

子宮の止血力が弱い

子宮内膜にできる腫瘍
(子宮内膜ポリープ、粘膜下筋腫)
子宮筋層の異常
(子宮筋腫、子宮腺筋症)
手術痕によるもの
(帝王切開術、または子宮筋腫摘出)
単に経血の量が多い
(特発性過多月経)

貧血の6割の原因が過多月経

鉄分不足による女性の貧血の6割は過多月経が原因といわれる。
出血により血中の鉄分が不足し、酸素を運ぶヘモグロビンが足りなくなって起きる貧血で、立ちくらみや動機、息切れ、倦怠感、味の感じにくさなどの症状が表れる。
放置すると心臓に負担がかかり、心不全に至ることもある。

2014年9月に過多月経の症状を抑える治療薬が承認された。
子宮内装着型のホルモン剤「ミレーナ」(一般名・レボノルゲストレル)で、子宮内に入れると、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンを少しずつ放出する。
平成19年に避妊用として発売されたが、海外では過多月経でも治療実績があり、医療上の必要性が大きいと判断された。

黄体ホルモンが子宮内膜の増殖を抑え、経血量を減らす。一度装着すると効果は最長5年。
妊娠を希望する場合は、医療機関で取り外しできる。
妊娠しやすいのは排卵の2日前

過多月経は健康診断で貧血を指摘され、初めて婦人科を受診する人がほとんど。
見落とされがちだが、重大な病気が潜んでいることがある。
貧血と診断されて鉄分を補充しても改善されなかったり、経血の量が多いと感じたらすぐ婦人科を受診しましょう。

関連記事

プロラクチンが高くなると妊娠できない理由

プロラクチンが上がるプリンペランやナウゼリン

吐き気の薬であるプリンペランやナウゼリン

記事を読む

no image

障害児が生まれる原因の病気の一つが風疹

妊娠初期で感染で娘に影響が起きた例の話。

記事を読む

no image

妊婦が使ってはいけないフェンがつく薬

35歳以上の高齢出産27万人。 産婦人

記事を読む

no image

無痛分娩だと帝王切開の確率が上がるというのは誤り

無痛分娩のデメリット 吸引・鉗子分

記事を読む

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

no image

仕事が一段落 子供が欲しい 妊娠率の低下 卵子の老化 先天性の障害児は増加

ライフキャリアという言葉を聞いたことがあ

記事を読む

no image

日中の眠気がある更年期障害

51歳女性の悩み2年ほど前から様々な症状

記事を読む

no image

黄体補充。卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招く

不妊治療として行われる体外受精や顕微鏡受

記事を読む

無痛分娩で赤ちゃんの発育障害、低酸素脳症を減らせる?

無痛分娩で赤ちゃんの発育障害、低酸素脳症を減らせる?

麻酔薬を使い、出産の痛みを抑える無痛分娩

記事を読む

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモンの低下で女性が感じる、更年期

記事を読む

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

no image
障害者手帳を更新したいけど書いてくれる先生がいない

医療事務の仕事をしていて、障害者手帳を更新したい。 当院退院後3年間

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

→もっと見る

PAGE TOP ↑