更年期は林修みたく無脂肪乳を飲んでスリムな体!

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

更年期は閉経の前後5年間で、個人差があるが、45~55歳くらいに相当する。
卵巣機能の変化で女性ホルモンの分泌がヘリ、ほてるやのぼせ、汗をかく、疲れやすい、不安、物忘れなどの症状が出ることが多い。
女性ホルモンの低下で自律神経の働きが乱れることに加えて、この時期に女性の環境の変化が起こりやすいことも関係している。

子供が独立して家から出て行く、夫が定年退職して家にずっといる。
最近では女性の社会進出で責任ある立場につき、不調を訴える人も増えているという。
女性ホルモンの飲み薬や貼り薬、漢方薬の治療以外にも生活習慣を見直すことでも症状を和らげる効果がある。

女性は更年期を境に急激に変わる。

女性ホルモンによってコントロールされてきたコレステロールが高くなり、
動脈硬化もすすみ、それまで問題がなかった女性でも生活習慣病にかかりやすくなる。
骨粗鬆症にもかかりやすくなる。
基礎代謝が落ちて太りやすくなる。

更年期に生活習慣のを見直して、運動する習慣をつけよう。
自律神経の働きを整える効果がある。
自己流のストレス解消法を考えることもおすすめ。
乳製品の脂肪分はコレステロールを上げやすいので低脂肪のものに替えましょう。

更年期は林修みたく無脂肪乳を飲んでスリムな体!

林修は大食漢で昔デブだったけど、減量してスリムな体を保っています。
毎朝、無脂肪乳を飲んでいるらしいです。(奥さんは医者ですから詳しいのでしょう)
コレステロールは動脈硬化のもとなので、低脂肪にするのは男女共通でしょう。
動脈硬化、プラークは、心筋梗塞などの血管が詰まる病気の元でもあります。

関連記事

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑