更年期は林修みたく無脂肪乳を飲んでスリムな体!

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

更年期は閉経の前後5年間で、個人差があるが、45~55歳くらいに相当する。
卵巣機能の変化で女性ホルモンの分泌がヘリ、ほてるやのぼせ、汗をかく、疲れやすい、不安、物忘れなどの症状が出ることが多い。
女性ホルモンの低下で自律神経の働きが乱れることに加えて、この時期に女性の環境の変化が起こりやすいことも関係している。

子供が独立して家から出て行く、夫が定年退職して家にずっといる。
最近では女性の社会進出で責任ある立場につき、不調を訴える人も増えているという。
女性ホルモンの飲み薬や貼り薬、漢方薬の治療以外にも生活習慣を見直すことでも症状を和らげる効果がある。

女性は更年期を境に急激に変わる。

女性ホルモンによってコントロールされてきたコレステロールが高くなり、
動脈硬化もすすみ、それまで問題がなかった女性でも生活習慣病にかかりやすくなる。
骨粗鬆症にもかかりやすくなる。
基礎代謝が落ちて太りやすくなる。

更年期に生活習慣のを見直して、運動する習慣をつけよう。
自律神経の働きを整える効果がある。
自己流のストレス解消法を考えることもおすすめ。
乳製品の脂肪分はコレステロールを上げやすいので低脂肪のものに替えましょう。

更年期は林修みたく無脂肪乳を飲んでスリムな体!

林修は大食漢で昔デブだったけど、減量してスリムな体を保っています。
毎朝、無脂肪乳を飲んでいるらしいです。(奥さんは医者ですから詳しいのでしょう)
コレステロールは動脈硬化のもとなので、低脂肪にするのは男女共通でしょう。
動脈硬化、プラークは、心筋梗塞などの血管が詰まる病気の元でもあります。

関連記事

no image

妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の

記事を読む

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)

採血NIPTと羊水検査の時期と中絶手術は妊娠22週目まで

生まれる出生時に先天性疾患が起こる確率は

記事を読む

no image

障害児が生まれる原因の病気の一つが風疹

妊娠初期で感染で娘に影響が起きた例の話。

記事を読む

no image

子宮破裂が原因の脳性まひ、妊婦死亡の原因のひとつ

子宮破裂で脳性まひ11件、産経新聞平成2

記事を読む

no image

白血病と採卵、卵子凍結と放射線治療、抗がん剤と妊娠出産

卵子凍結、白血病難しい採卵の時期。 中

記事を読む

子宮内膜症

正常な月経を知る、病院に行った方がいい?

月経について病院に行った方がいい症状かど

記事を読む

no image

黄体補充。卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招く

不妊治療として行われる体外受精や顕微鏡受

記事を読む

no image

妊娠中でも使える薬の一覧と注意事項

レディースクリニックでもらってきた治療の

記事を読む

no image

赤ちゃんにやさしい病院リスト

平成26年9月5日現在の赤ちゃんにやさし

記事を読む

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑