妊婦が使ってはいけないフェンがつく薬

公開日: : 最終更新日:2016/08/03 出産、婦人科、産婦人科

35歳以上の高齢出産27万人。
産婦人科医の忠告。

妊婦が使ってはいけないフェンがつく薬

妊婦は湿布を使ってはいけないとありますが、成分である、
イブプロフェン
ロキソプロフェン
ケトプロフェン
とか、フェンのつく痛み止めがダメ。

痛み止め成分が皮膚から吸収させる。血管を収縮させる効果がある。
後期は飲むのもダメ。
赤ちゃんが肺呼吸になるときに動脈がふさがって息ができなくなるのだそう。
赤ちゃんの心臓が止まることがある。
妊婦は腰痛になりがちだが、インドメタシン、ボルタレンなどの痛み止めは特に妊娠後半よくない。

だが、カロナール、MS湿布はOK。

妊婦には旅行は勧めない

楽しいからついつい歩きすぎたり、体に負担かけすぎ、お腹張ったりする。
お腹が張っている時はちゃんとお休みすることが大事。
楽しいことだとわすれちゃう。

食べ過ぎないようにすること

妊娠糖尿病もあり、妊婦は沢山食べると皮下脂肪つきやすい。
そうすると難産になりやすい。
体重は8~10キロは超えないように。

関連記事

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモンの低下で女性が感じる、更年期

記事を読む

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

no image

無痛分娩だと帝王切開の確率が上がるというのは誤り

無痛分娩のデメリット 吸引・鉗子分

記事を読む

no image

妊娠しやすいのは排卵の2日前。月経から2週間、排卵日ではない

晩婚化などにより不妊に悩むカップルが増え

記事を読む

no image

妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の

記事を読む

no image

子宮筋腫術後で腸の癒着で慢性の便秘

母の子宮筋腫術後で腸の癒着のため慢性の便

記事を読む

no image

妊娠中でも使える薬の一覧と注意事項

レディースクリニックでもらってきた治療の

記事を読む

no image

黄体補充。卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招く

不妊治療として行われる体外受精や顕微鏡受

記事を読む

プロラクチンが高くなると妊娠できない理由

プロラクチンが上がるプリンペランやナウゼリン

吐き気の薬であるプリンペランやナウゼリン

記事を読む

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)

採血NIPTと羊水検査の時期と中絶手術は妊娠22週目まで

生まれる出生時に先天性疾患が起こる確率は

記事を読む

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑