妊娠中でも使える薬の一覧と注意事項

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

レディースクリニックでもらってきた治療のための妊娠中でも使われる薬の一覧例。
安全性を保証するものではないらしい。
妊娠中で使える薬が不安ならば参考に。

区分 薬品名(製品名) 注意事項
風邪薬 葛根湯、小青竜湯 漢方薬で安全
PL顆粒 長期間の服用は控える
解熱・消炎・鎮痛薬 アセトアミノフェン(カロナール)
チアラミド(ソランタール)
ロキソプロフェン(ロキソニン)
作用のおだやかなアセトアミノフェンは比較的安全性が高い。
ロキソニンなどの強力な鎮痛薬の連用は避ける。特に妊娠後半期に注意。
鎮咳薬 デキストロメトルファン(メジコン)
リン酸ジメモルファン(アストミン)
一般的にはデキストロメトルファンが勧められている。
気管支拡張薬 硫酸サルブタモール(ベネトリン)
硫酸テルブタリン(ブリカニール)
テオフィリン(テオドール)
テオドールは血中濃度を測定することが望ましい。
去痰薬 塩酸ブロムヘキシン(ビソルボン)
カルボシステイン(ムコダイン)
まず安全。
抗ヒスタミン マレイン酸クロルフェニラミン(ポララミン)
クレマスチン(タベジール)
長期間の服用は控える。
抗アレルギー薬 フマル酸ケトチフェン(サジテン)
クロモグリク酸(インタール)
使用実績の少ない抗アレルギー剤はできるだけ控える。
外用のインタール(吸入・点眼)は安全に使うことが出来る。
抗生物質 アンピシリン(ビクシリン)
アモキシシリン(サワシリン)
セファレキシン(ケフレックス)
エリスロマイシン(エリスロシン)
アセチルスピラマイシン
クラリスロマイシン(クラリス)
ペニシリン系もしくはセフェム系を第一選択。
セフェム系では使用実績の多い第一世代が安心。
マクロライド系も安心。
ショック、アナフィラキシーには十分注意。
胃腸薬 制酸剤(マーロックス)
鎮痙薬(ブスコパン)
スクラルファート(アルサルミン)
制酸剤はまず安全。
制吐薬 メトクロプラミド(プリンペラン) 症状の酷いときだけ使う。
つわりには小半夏加茯苓湯や半夏厚朴湯などの漢方薬を用いることも。
緩下薬 ピコスルファート(ラキソベロン)
センナ(アローゼン、ヨーデル)
センノシド(プルゼニド)
ビサコジル(テレミンソフト、コーラック)
パンテチン(パントシン)
酸化マグネシウム
まず安全。
突然の大量服用は避ける。
鉄剤 (フェロミア)
(フェロ・グラデュメット)
(スローフィー)
(フェルム)
ビタミンCと併用することがある。
胃腸の弱い人には食後に服用するといい。

血管を収縮させたり拡張させたりするような薬はお腹のへその緒でつながった赤ちゃんに影響があるので注意です。今話題のシップなんかは皮膚から吸収して血管を収縮させて炎症を抑えるので、赤ちゃんとつながる血管に問題が起こるので注意ということです。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑