採血NIPTと羊水検査の時期と中絶手術は妊娠22週目まで

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

生まれる出生時に先天性疾患が起こる確率は3~5%らしく、年齢が高くなるほど上昇する。
主な染色体疾患13トリソミー、18トリソミー、ダウン症(21トリソミー)。
ともに重い知的障害を伴う。

障害あっても自慢の娘

「生まれてたとしても、いつまで生きられるかわかりません」。
医師から告げられたのは妊娠36週目の時だった。
羊水検査で赤ちゃんが「18トリソミー」を判明。
帝王切開で出産した。

この病気は18番目の染色体が1本多く、先天性の心臓病や全身の著しい発達の遅れがみられる。
仮死状態で生まれてきたのは、1789グラムの小さな女の子だった。
心臓病などの手術を乗り越え、生後8か月で退院。
その後も入退院を繰り返したが、3歳の今は元気に過ごしている。

18トリソミーの検査で陽性はほとんどが人工中絶。中絶手術は妊娠22週目を過ぎると違法。

18トリソミーは2013年に始まった新型出生前検査の対象疾患の一つだ。
着床前診断と異なり、妊娠中の女性の血液検査で染色体異常を判定する。
これまで陽性と出た人のほとんどが人工中絶を選んだ。

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)
母体血を用いた出生前検査(NIPT)の場合、検査の確率は、陰性の場合は99.9%の的中確率です。
陽性の場合は、35歳の妊婦さんで80%の確率です。
検査の時期は妊娠10~18週頃の時期。
費用は約20万円。簡単な採血のみなのでリスクはない。

詳しくは、大阪府立母子保健総合医療センターの資料を参考に。
NIPT用参考資料

羊水検査(妊娠15週~20週頃の時期)

羊水検査は、ある程度子宮が大きくなってからの15週~20週頃の時期に行われる。
費用は約10万円で、リスクも伴う。

中絶にかかる費用は実費で、一般的に~12週で10万円ぐらい、13~20週で50万円ぐらいかかるそうです。
遅くなると入院が必要なので費用が高くなります。

そして来年度に始まる着床前スクリーニングの臨床検査でも、18トリソミーは排除の対象になる。
こちらは体外受精をしたときに受精卵の染色体検査を行い、異常がある卵は廃棄される。
不妊治療医からは「中絶を伴う新型出生前検査が認められ、妊婦の負担の軽い着床前スクリーニングが認められないのはおかしい」という声もあがる。

他にもこんな問題も。
妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。
ダウン症の検査にはカウンセリングなどが含まれていますが、受けずに中絶してしまうケースもあるそうです。

関連記事

no image
T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグの尿検査で異常があり泌尿器科を

no image
腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉がでてましたね。 テレビCM

no image
卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

→もっと見る

PAGE TOP ↑