採血NIPTと羊水検査の時期と中絶手術は妊娠22週目まで

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

生まれる出生時に先天性疾患が起こる確率は3~5%らしく、年齢が高くなるほど上昇する。
主な染色体疾患13トリソミー、18トリソミー、ダウン症(21トリソミー)。
ともに重い知的障害を伴う。

障害あっても自慢の娘

「生まれてたとしても、いつまで生きられるかわかりません」。
医師から告げられたのは妊娠36週目の時だった。
羊水検査で赤ちゃんが「18トリソミー」を判明。
帝王切開で出産した。

この病気は18番目の染色体が1本多く、先天性の心臓病や全身の著しい発達の遅れがみられる。
仮死状態で生まれてきたのは、1789グラムの小さな女の子だった。
心臓病などの手術を乗り越え、生後8か月で退院。
その後も入退院を繰り返したが、3歳の今は元気に過ごしている。

18トリソミーの検査で陽性はほとんどが人工中絶。中絶手術は妊娠22週目を過ぎると違法。

18トリソミーは2013年に始まった新型出生前検査の対象疾患の一つだ。
着床前診断と異なり、妊娠中の女性の血液検査で染色体異常を判定する。
これまで陽性と出た人のほとんどが人工中絶を選んだ。

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)
母体血を用いた出生前検査(NIPT)の場合、検査の確率は、陰性の場合は99.9%の的中確率です。
陽性の場合は、35歳の妊婦さんで80%の確率です。
検査の時期は妊娠10~18週頃の時期。
費用は約20万円。簡単な採血のみなのでリスクはない。

詳しくは、大阪府立母子保健総合医療センターの資料を参考に。
NIPT用参考資料

羊水検査(妊娠15週~20週頃の時期)

羊水検査は、ある程度子宮が大きくなってからの15週~20週頃の時期に行われる。
費用は約10万円で、リスクも伴う。

中絶にかかる費用は実費で、一般的に~12週で10万円ぐらい、13~20週で50万円ぐらいかかるそうです。
遅くなると入院が必要なので費用が高くなります。

そして来年度に始まる着床前スクリーニングの臨床検査でも、18トリソミーは排除の対象になる。
こちらは体外受精をしたときに受精卵の染色体検査を行い、異常がある卵は廃棄される。
不妊治療医からは「中絶を伴う新型出生前検査が認められ、妊婦の負担の軽い着床前スクリーニングが認められないのはおかしい」という声もあがる。

他にもこんな問題も。
妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。
ダウン症の検査にはカウンセリングなどが含まれていますが、受けずに中絶してしまうケースもあるそうです。

関連記事

プロラクチンが高くなると妊娠できない理由

プロラクチンが上がるプリンペランやナウゼリン

吐き気の薬であるプリンペランやナウゼリン

記事を読む

no image

障害児が生まれる原因の病気の一つが風疹

妊娠初期で感染で娘に影響が起きた例の話。

記事を読む

no image

赤ちゃんにやさしい病院リスト

平成26年9月5日現在の赤ちゃんにやさし

記事を読む

no image

妊娠しやすい体作りと食生活

子供が欲しいと思っている人はなるべく早く

記事を読む

無痛分娩で赤ちゃんの発育障害、低酸素脳症を減らせる?

無痛分娩で赤ちゃんの発育障害、低酸素脳症を減らせる?

麻酔薬を使い、出産の痛みを抑える無痛分娩

記事を読む

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

no image

子宮筋腫術後で腸の癒着で慢性の便秘

母の子宮筋腫術後で腸の癒着のため慢性の便

記事を読む

no image

無月経が疲労骨折の原因、無月経と骨密度

月経が3ヶ月以上ない状態を続発性無月経と

記事を読む

no image

妊娠しやすいのは排卵の2日前。月経から2週間、排卵日ではない

晩婚化などにより不妊に悩むカップルが増え

記事を読む

no image

妊婦が使ってはいけないフェンがつく薬

35歳以上の高齢出産27万人。 産婦人

記事を読む

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑