黄体補充。卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招く

不妊治療として行われる体外受精や顕微鏡受精などの生殖補助医療では、妊娠率を向上させるため、患者の体に黄体ホルモン(プロゲステロン)を補充する。
国内では生殖補助医療での使用を目的に承認された黄体ホルモン剤はなかったが、H26.9月に初めてフェリング・ファーマの「ルティナス膣錠」が承認され、12月上旬に発売された。

化学合成されたホルモン剤に比べ、安全性が高いとされる天然型ホルモン剤で、膣内に挿入し座薬として使う。
天然型の膣座薬は海外ではかなり前から主流となっており、専門家は「ようやく日本も世界標準に追いついた」と歓迎している。

卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招く

山王病院(東京都港区)の藤原敏博リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター長によると、黄体ホルモンは受精卵の着床や妊娠の維持に重要な役割を担っている。
しかし、生殖補助医療に伴う卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招くため、妊娠を成功させるには黄体ホルモンの補充が必須だという。

膣座薬は患者の身体的負担減

承認薬剤がない中、国内では切迫流産などの治療に用いられる天然型ホルモンの注射剤や合成型の経口剤の転用、海外からの膣座薬の個人輸入、あるいは実験用の天然型ホルモンを原料に医療機関が独自に膣座薬を作るといった方法で投与が行われてきた。

ルティナス膣錠は患者自身が専用の器具を使って膣内に挿入する。
注射剤のように連日通院する必要がなく、注射部位の腫れや痛みのような身体的苦痛も軽減される。

体外受精・顕微鏡受精の流れ

卵巣刺激:排卵誘発剤で卵巣を刺激し多数の成熟卵を採取するのが目的
 ↓
採卵:卵子を採取
 ↓
体外受精 :体外受精は培養液で精子を受精させる
顕微鏡受精:体外受精で受精が起こらない場合顕微鏡で確認して直接注入
 ↓
胚培養:受精卵を体外で培養
 ↓
胚移植:発育した受精卵を子宮に戻す

卵子を採取した後黄体ホルモンを補充する。
不妊治療はできればしたくないものだと思う。
だけれど、今の時代若くして結婚は難しい時代になった。
年収が低い仕事の方が男女長時間労働。
強いストレスに長時間さらされ、結婚したころには妊娠しにくい体になっている。
社会的にみれば、早く結婚して子供を産んだほうが経済的にも身体的にも楽なのに、結婚が遅れて、不妊治療に高額な医療費をかけて苦労して子供を産む、産めない場合もあるという国民にとって非常に苦痛な世の中になっているのは間違いない。

関連記事

no image

流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない

着床前スクリーニング(着床前検査) 体

記事を読む

no image

赤ちゃんにやさしい病院リスト

平成26年9月5日現在の赤ちゃんにやさし

記事を読む

no image

妊婦が使ってはいけないフェンがつく薬

35歳以上の高齢出産27万人。 産婦人

記事を読む

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモンの低下で女性が感じる、更年期

記事を読む

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)

採血NIPTと羊水検査の時期と中絶手術は妊娠22週目まで

生まれる出生時に先天性疾患が起こる確率は

記事を読む

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

no image

日中の眠気がある更年期障害

51歳女性の悩み2年ほど前から様々な症状

記事を読む

no image

無痛分娩だと帝王切開の確率が上がるというのは誤り

無痛分娩のデメリット 吸引・鉗子分

記事を読む

no image

妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の

記事を読む

no image

妊娠中でも使える薬の一覧と注意事項

レディースクリニックでもらってきた治療の

記事を読む

no image
卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑