「 出産、婦人科、産婦人科 」 一覧

女性特有の婦人科疾患、産婦人科(不妊、妊娠、出産)の症状などをご紹介します。

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモンの低下で女性が感じる、更年期障害の46の症状をご紹介します。 頭頚部・口腔 口の渇き 耳鳴り 喉の違和感 皮膚 しみ しわ 乾燥肌 かぶれ 顔面発疹 毛髪

続きを見る

黄体補充。卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招く

不妊治療として行われる体外受精や顕微鏡受精などの生殖補助医療では、妊娠率を向上させるため、患者の体に黄体ホルモン(プロゲステロン)を補充する。 国内では生殖補助医療での使用を目的に承認された黄体ホル

続きを見る

妊娠しやすいのは排卵の2日前。月経から2週間、排卵日ではない

晩婚化などにより不妊に悩むカップルが増えている。 専門家によると、妊娠にもっとも適したタイミングは排卵の2日前。 妊娠を支援するサイトでは、月経周期をより正確に算出して排卵日を割り出そうという働き

続きを見る

無痛分娩だと帝王切開の確率が上がるというのは誤り

無痛分娩のデメリット 吸引・鉗子分娩が増えるほか、出血や汗腺、発熱、神経障害などの合併症もまれながら考えられる。 また、通常分娩費用に加えて、10万円前後上乗せになることが多いという。 柏木

続きを見る

無痛分娩で赤ちゃんの発育障害、低酸素脳症を減らせる?

麻酔薬を使い、出産の痛みを抑える無痛分娩。 産みの苦しみを重んじる文化に加え、正しい知識が妊婦や家族に届かず、日本ではなかなか普及していない。 だが、無痛分娩は産後の回復が早く、高齢出産のリスク軽

続きを見る

赤ちゃんにやさしい病院リスト

平成26年9月5日現在の赤ちゃんにやさしい病院、国内69施設の病院リストです。 赤ちゃんにやさしい病院(BFH)Baby Friendly Hospitalには賛否両論あるそうです。 カンガル

続きを見る

妊娠しやすい体作りと食生活

子供が欲しいと思っている人はなるべく早く不規則な生活を見直し、妊娠しやすい体作りに取り組もう。 バランスのとれた3度の食事や早寝、早起き、適度な運動といった健康的な生活を送ることで卵巣の働きがよくな

続きを見る

妊婦が使ってはいけないフェンがつく薬

35歳以上の高齢出産27万人。 産婦人科医の忠告。 妊婦が使ってはいけないフェンがつく薬 妊婦は湿布を使ってはいけないとありますが、成分である、 イブプロフェン ロキソプロフェン

続きを見る

妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の染色体異常を調べる新出生前診断で、異常の疑いがある「陽性」と判定された妊婦のうち、少なくとも2人が羊水検査などの確定診断を受けずに中絶していたことが日本医学会の

続きを見る

子宮破裂が原因の脳性まひ、妊婦死亡の原因のひとつ

子宮破裂で脳性まひ11件、産経新聞平成26年5月20日より。 出産事故で赤ちゃんが重い脳性まひになった際の産科医療補障制度で、昨年末までに分析が終わった319件のうち、子宮破裂でまひを引き起こしたと

続きを見る

無月経が疲労骨折の原因、無月経と骨密度

月経が3ヶ月以上ない状態を続発性無月経という。 骨の形成に欠かせない女性ホルモンの分泌が減って骨がもろくなり、疲労骨折を誘発。 子宮が萎縮し、不妊のリスクも高まる。 高校生時代に生理がなかったの

続きを見る

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑