子宮筋腫術後で腸の癒着で慢性の便秘

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

母の子宮筋腫術後で腸の癒着のため慢性の便秘。
毎日のヨーグルトと置き薬の漢方薬の便秘薬ではなかなかよくならない。
そもそも置き薬は割高だから使わないほうがいい。

長期間飲んでも大丈夫な便秘薬はマグミットとセンナル

ピコスルファート(ラキソベロン)を長期で飲んでいたが、
何年も飲むと腸の動きが悪くなってあまりよくないということで、
ずっと飲んでも大丈夫な便秘薬を相談したところ、
マグミットを処方された。毎日朝昼夜食後に飲む。
頓服でセンノシド。

効果はあったようです
母が言うには便が出る日が多くなったと。

便秘薬ばかり飲む人は中毒に注意

ラキソベロンは、前にテレビで長期間飲むと腸のぜん動運動が弱くなると言ってたからです。便秘の薬中毒の人が飲んでより便秘がひどくなってたのがこれです。
ですがなんというテレビ番組かは忘れてしまったのです。

関連記事

no image

卵巣のう腫で片方の卵巣と卵管摘出、妊娠能力を測るホルモン値

ホルモン値を治療の指標に。 埼玉県の女

記事を読む

no image

障害児が生まれる原因の病気の一つが風疹

妊娠初期で感染で娘に影響が起きた例の話。

記事を読む

no image

子宮破裂が原因の脳性まひ、妊婦死亡の原因のひとつ

子宮破裂で脳性まひ11件、産経新聞平成2

記事を読む

no image

更年期は林修みたく無脂肪乳を飲んでスリムな体!

更年期は閉経の前後5年間で、個人差がある

記事を読む

no image

PMSは腸内細菌で軽減する可能性がある

PMSは治療法や特効薬がないが腸内細菌が

記事を読む

no image

仕事が一段落 子供が欲しい 妊娠率の低下 卵子の老化 先天性の障害児は増加

ライフキャリアという言葉を聞いたことがあ

記事を読む

no image

流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない

着床前スクリーニング(着床前検査) 体

記事を読む

no image

無月経が疲労骨折の原因、無月経と骨密度

月経が3ヶ月以上ない状態を続発性無月経と

記事を読む

no image

妊娠しやすい体作りと食生活

子供が欲しいと思っている人はなるべく早く

記事を読む

ヤーズ配合錠の効果と使った感想

ヤーズ配合錠の効果と使った感想

ヤーズ配合錠は簡単に言えば超低用量ピル。

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑