妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 出産、婦人科、産婦人科

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の染色体異常を調べる新出生前診断で、異常の疑いがある「陽性」と判定された妊婦のうち、少なくとも2人が羊水検査などの確定診断を受けずに中絶していたことが日本医学会の集計でわかった。

たとえばダウン症の陽性と判断されても、35歳の妊婦では20%でダウン症ではないため、確定診断が必要で、新出生前診断の結果だけで中絶してしまうことが導入当初から懸念されていた。

検査できる医療機関を認定した日本医学会は、ほかに同様の事例がないか調べており、遺伝カウンセリングの在り方など再発防止策を協議している。

新出生前診断で確定診断受けず陽性で違う病院で2人中絶

日本医学会によると、2人は陽性との判断を受けた病院とは別の病院で中絶した。
うち1人は、新出生前診断をした病院で遺伝カウンセリングを受け、おなかに針を刺す羊水検査の予約を予約したが、検査当日に来なかった。
もう1人を含め、3種類のどの染色体異常で陽性判定を受けたかは不明。

検査は、妊婦の血液に含まれるDNA断片を解析し、ダウン症、13番と18番の染色体異常を調べる。
国内では昨年4月に始まり、1年間で7775人が受け、全体の1.8%に当たる141人が判定と判定された。

今では確率論かもしれませんが、はやく症例を溜めて、性格で正しく安心できる検査にしてほしいですね。
ただ不安をあおるだけの検査であれば、発展はしないでしょう。
妊婦のダウン症の血液検査をして陽性だとわかって、他の病院で中絶してしまうのは、明らかにその病院のフォロー不足でしょう。
そのフォロー不足の病院を公開するなり、指導するなりしてもらわなければ、大切な命を無駄に失ってしまうことになります。

高齢出産ではダウン症の確立が高い

たとえば、
30歳~700人に1人
35歳~295人に1人
40歳~86人に1人
風疹の予防接種の費用はいくら?を参考

関連記事

no image

エジンバラ産後うつ病の質問から傷つく不幸に思うこと

産後うつは子供を出産した後のホルモンバラ

記事を読む

no image

卵巣のう腫で片方の卵巣と卵管摘出、妊娠能力を測るホルモン値

ホルモン値を治療の指標に。 埼玉県の女

記事を読む

no image

白血病と採卵、卵子凍結と放射線治療、抗がん剤と妊娠出産

卵子凍結、白血病難しい採卵の時期。 中

記事を読む

no image

過多月経の原因、どれぐらいの量で?

過多月経はどれぐらいの量から? 生

記事を読む

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモンの低下で女性が感じる、更年期

記事を読む

no image

無月経が疲労骨折の原因、無月経と骨密度

月経が3ヶ月以上ない状態を続発性無月経と

記事を読む

no image

仕事が一段落 子供が欲しい 妊娠率の低下 卵子の老化 先天性の障害児は増加

ライフキャリアという言葉を聞いたことがあ

記事を読む

no image

妊娠しやすい体作りと食生活

子供が欲しいと思っている人はなるべく早く

記事を読む

no image

PMSは腸内細菌で軽減する可能性がある

PMSは治療法や特効薬がないが腸内細菌が

記事を読む

ヤーズ配合錠の効果と使った感想

ヤーズ配合錠の効果と使った感想

ヤーズ配合錠は簡単に言えば超低用量ピル。

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑