妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 出産、婦人科、産婦人科

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の染色体異常を調べる新出生前診断で、異常の疑いがある「陽性」と判定された妊婦のうち、少なくとも2人が羊水検査などの確定診断を受けずに中絶していたことが日本医学会の集計でわかった。

たとえばダウン症の陽性と判断されても、35歳の妊婦では20%でダウン症ではないため、確定診断が必要で、新出生前診断の結果だけで中絶してしまうことが導入当初から懸念されていた。

検査できる医療機関を認定した日本医学会は、ほかに同様の事例がないか調べており、遺伝カウンセリングの在り方など再発防止策を協議している。

新出生前診断で確定診断受けず陽性で違う病院で2人中絶

日本医学会によると、2人は陽性との判断を受けた病院とは別の病院で中絶した。
うち1人は、新出生前診断をした病院で遺伝カウンセリングを受け、おなかに針を刺す羊水検査の予約を予約したが、検査当日に来なかった。
もう1人を含め、3種類のどの染色体異常で陽性判定を受けたかは不明。

検査は、妊婦の血液に含まれるDNA断片を解析し、ダウン症、13番と18番の染色体異常を調べる。
国内では昨年4月に始まり、1年間で7775人が受け、全体の1.8%に当たる141人が判定と判定された。

今では確率論かもしれませんが、はやく症例を溜めて、性格で正しく安心できる検査にしてほしいですね。
ただ不安をあおるだけの検査であれば、発展はしないでしょう。
妊婦のダウン症の血液検査をして陽性だとわかって、他の病院で中絶してしまうのは、明らかにその病院のフォロー不足でしょう。
そのフォロー不足の病院を公開するなり、指導するなりしてもらわなければ、大切な命を無駄に失ってしまうことになります。

高齢出産ではダウン症の確立が高い

たとえば、
30歳~700人に1人
35歳~295人に1人
40歳~86人に1人
風疹の予防接種の費用はいくら?を参考

関連記事

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

→もっと見る

PAGE TOP ↑