卵巣のう腫で片方の卵巣と卵管摘出、妊娠能力を測るホルモン値

公開日: : 最終更新日:2014/04/20 出産、婦人科、産婦人科

ホルモン値を治療の指標に。
埼玉県の女性35歳は約6年前、下腹部に痛みを感じるようになった。
不正出血もあり、近くの病院で検査を受けたら、右の卵巣内に液体などが溜まる卵巣のう腫が見つかった。
24歳のときにも左の卵巣にのう腫ができて、卵巣と卵管の摘出手術を受けており、右の卵巣も手術すると妊娠はむずかしいと言われた。
女性は結婚したばかり。

妊娠できなくなる可能性があるなんてとショックを受けた。
手術を避ける方法はないのかと複数の病院を訪ね歩いた。
ある病院で卵巣がんの可能性も指摘され、埼玉医大総合医療センターを受診した。

妊娠能力の指標となる、血中抗ミュラー管ホルモン

精密検査で悪性の可能性は低いとされたが、1~2センチの卵巣のう腫ができていた。
また、卵巣の周りや卵管に水がたまっており、20代で受けた手術の影響が考えられるという。
女性は妊娠を機能しており、今後どのように治療を進めるか、判断材料の一つとして血液検査を受けることになった。
卵巣能力の指標となる、血中抗ミュラー管ホルモンを測る為だ。

主治医で、埼玉医大総合医療センター産婦人科准教授の高井先生によると、卵巣から放出されるホルモンは、卵巣内の卵子の数を反映し、数が少ないと値が低くなる。

卵子の老化など、質を表すものではないが、卵巣の能力を示す指標になる。
年齢とともにホルモン値は低くなり、低い女性は早く閉経すると考えられている。
ただし、ホルモン値が低くても質のよい卵子があれば妊娠が可能だ。

ホルモン値は個人差が大きい為、卵巣のう腫の治療と不妊治療の時期などの方針について一概に言えないが、非常に低い場合は、早くから高度な不妊治療を行うなど選択肢がある。

ホルモン値から、まず不妊治療を受けた

この35歳女性の場合、ホルモン値は40代女性の平均の約10分の1と非常に低い状態だった。
幸い、卵巣のう腫は小さく、妊娠を強く望んでいることから、高井先生はまず不妊治療を受けることを提案した。

女性は2回の人工授精、4回の体外受精を受けて妊娠し、昨年長男が生まれた。
1歳になった男の子はとても元気だ。
一方、卵巣のう腫は出産後に消えていた。
女性は不妊治療と聞いて最初は戸惑いましたが、早目に不妊治療を受けて本当に良かったと話す。

このホルモンは5~6年前ほどから注目され始めた。
測定は保険適用外で、5000円~10000円ほどかかる。
妊娠のしやすさを示すわけではないが、卵巣のう腫の治療方針などを考える一つの指標として活用して欲しいと訴える。

関連記事

採血NIPT(妊娠10~18週頃の時期)

採血NIPTと羊水検査の時期と中絶手術は妊娠22週目まで

生まれる出生時に先天性疾患が起こる確率は

記事を読む

no image

白血病と採卵、卵子凍結と放射線治療、抗がん剤と妊娠出産

卵子凍結、白血病難しい採卵の時期。 中

記事を読む

no image

エジンバラ産後うつ病の質問から傷つく不幸に思うこと

産後うつは子供を出産した後のホルモンバラ

記事を読む

no image

障害児が生まれる原因の病気の一つが風疹

妊娠初期で感染で娘に影響が起きた例の話。

記事を読む

no image

子宮破裂が原因の脳性まひ、妊婦死亡の原因のひとつ

子宮破裂で脳性まひ11件、産経新聞平成2

記事を読む

no image

妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の

記事を読む

no image

妊娠しやすいのは排卵の2日前。月経から2週間、排卵日ではない

晩婚化などにより不妊に悩むカップルが増え

記事を読む

プロラクチンが高くなると妊娠できない理由

プロラクチンが上がるプリンペランやナウゼリン

吐き気の薬であるプリンペランやナウゼリン

記事を読む

no image

妊娠中でも使える薬の一覧と注意事項

レディースクリニックでもらってきた治療の

記事を読む

no image

流産を防ぐ目的で行う着床前検査は認めていない

着床前スクリーニング(着床前検査) 体

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑