子宮破裂が原因の脳性まひ、妊婦死亡の原因のひとつ

公開日: : 最終更新日:2014/05/26 出産、婦人科、産婦人科

子宮破裂で脳性まひ11件、産経新聞平成26年5月20日より。
出産事故で赤ちゃんが重い脳性まひになった際の産科医療補障制度で、昨年末までに分析が終わった319件のうち、子宮破裂でまひを引き起こしたと考えられる事例が11件あった。
過去に帝王切開で出産を経験した女性が自然分娩を試みて子宮破裂したケースが目立ち、制度を運営する日本医療機能評価機構は報告書を公表、注意喚起した。
子宮破裂の危険因子として陣痛促進剤の使用なども挙げた。

一度帝王切開で出産すると、子宮を一度切っているので自然分娩時に破裂する可能性が高くなる。
帝王切開後の出産は自然分娩は断り2回目も帝王切開する産婦人科医は多い。

脳性まひの原因

胎児がお腹の中にいる時から出生直後(4週まで)の間に起きた、脳の何らかの障害によって引きおこされる。
子宮破裂によっては、呼吸器の異常による脳の障害、もしくは赤ちゃんは脳出血しやすいので脳出血か。
陣痛促進剤が理由で、子宮破裂や胎児仮死で後遺症で脳性まひが起こるリスクもある。
出産後、子供が自発呼吸もままならぬ状態で母に抱かれるというカンガルーケアにより、呼吸器の異常で脳に酸素がいかなくなり脳性まひ後遺症が残ることもある。

日本医科大学多摩永山病院 女性診療科・産科医局の子宮破裂のページによると、子宮破裂の発生頻度は、0.02~0.1%で、若干増加傾向にある。
母体死亡率は約1~2%であり、胎児死亡率は80%。

妊婦死亡の原因

子宮破裂より脳出血が多い。
妊婦さん4万人に1人と稀だが死亡率は4割。
脳出血は母体に後遺症を残す場合もある。

  • 1位 脳出血 30%
  • 2位 産科出血 16%
  • 3位 肺塞栓 16%
  • 4位 心血管系疾患 16%
  • 5位 悪性腫瘍 14%
  • 6位 感染症 2%

寝たきりの脳内出血

意識混濁、失語症、麻痺、子供にとっても母にとっても脳の障害は治療で改善できるものではない。
妊娠から出産まで順調に進んでいる場合は、脳性まひの可能性が非常に0に近いといえるため、リスクが一番軽い分娩を選びたいものだと思う。
医師の考え方や行動がおかしい場合は、NOといえる強さ、
さらに、情報網を持って自分で病院を短時間で探す力も必要だなと思った。

関連記事

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

→もっと見る

PAGE TOP ↑