無痛分娩だと帝王切開の確率が上がるというのは誤り

公開日: : 最終更新日:2014/10/08 出産、婦人科、産婦人科

無痛分娩のデメリット

吸引・鉗子分娩が増えるほか、出血や汗腺、発熱、神経障害などの合併症もまれながら考えられる。
また、通常分娩費用に加えて、10万円前後上乗せになることが多いという。
柏木医師は「医療行為である以上、リスクはゼロにできない、適切に管理しきちんと説明することで麻酔への不安がなくなる場合がほとんどです」と話す。

根強い誤解、施設も限られる、日本ではたった3~4%!

文化的背景によるが、海外では半数以上が無痛分娩の国も多い。
日本では無痛分娩率は3~4%だ。
日本産科麻酔学会の天野完会長は「日本は生理的なものに医療が介入するのを嫌がる傾向がある。
無痛分娩ができる施設も限られている」と話す。

無痛分娩だと帝王切開の確率が上がるというのは誤り

無痛分娩に対する誤解もある。
無痛分娩だと帝王切開の確率が上がるというのは誤りで、帝王切開率と無痛分娩は無関係という考えが今では一般的だ。
出産で痛みを感じないと愛情不足に科学的根拠はない。

産みの苦しみを重んじる意識が壁となり、妊婦本人が無痛分娩を希望しても親などの周囲の反対であきらめる人もいるという。
天野会長は希望する人がいれば選択肢として無痛分娩を提供できるようにしていかなければならないと話す。

日本産科麻酔会では、無痛分娩ができる施設を紹介している。

関連記事

no image

成長期の鉄不足、女子高校生アスリートの貧血

高校3年生17歳、軽いジョギングでも息が

記事を読む

no image

妊婦ダウン症の血液検査陽性で違う病院で中絶。

妊婦の血液でダウン症などの胎児の3種類の

記事を読む

no image

日中の眠気がある更年期障害

51歳女性の悩み2年ほど前から様々な症状

記事を読む

no image

黄体補充。卵巣への刺激や採卵は黄体ホルモンの分泌減少を招く

不妊治療として行われる体外受精や顕微鏡受

記事を読む

no image

妊娠しやすい体作りと食生活

子供が欲しいと思っている人はなるべく早く

記事を読む

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモン低下の46の症状

女性ホルモンの低下で女性が感じる、更年期

記事を読む

no image

仕事が一段落 子供が欲しい 妊娠率の低下 卵子の老化 先天性の障害児は増加

ライフキャリアという言葉を聞いたことがあ

記事を読む

no image

赤ちゃんにやさしい病院リスト

平成26年9月5日現在の赤ちゃんにやさし

記事を読む

no image

卵巣のう腫で片方の卵巣と卵管摘出、妊娠能力を測るホルモン値

ホルモン値を治療の指標に。 埼玉県の女

記事を読む

no image

過多月経の原因、どれぐらいの量で?

過多月経はどれぐらいの量から? 生

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑