ヤーズ配合錠の効果と使った感想

公開日: : 出産、婦人科、産婦人科

ヤーズ配合錠は簡単に言えば超低用量ピル。
生理痛、PMS対策のヤーズ配合錠は、妊活するなら3ヶ月前に停止。
1個(1シート)で28日分、値段は2ヶ月で5000円ちょっとぐらい。

海外で認められているヤーズ配合錠の効果

海外では生理前のニキビ対策に使われている。
乳がんのリスクは増えるけどヤーズのせいとは限らない。
卵巣がんのリスクは下がる。
卵子の温存にもいい。

血栓ができる副作用があり、日本では3人の死亡例がある。
(脳血栓、四肢血栓、肺血栓、突然の息切れ胸痛)

禁忌、ヤーズ配合錠を使ってはいけない人

ヤーズ配合錠の効果と使った感想
35歳以上、1日15分以上の喫煙者や、
子宮内膜がん、乳がん、エストロゲン異常、冠動脈疾患、脳血管障害、産後4週間以内、網膜障害、糖尿病など

ヤーズ配合錠を使った感想

飲み始めは副作用がきつい。吐き気など。
飲んでるとちょっとまし?
なかなか実感しにくいが、使っていると状態もいいっていう薬のようだ。

ドクターからは血栓予防に足を動かすようにと指導がある。
半年~1年に一回Dダイマーの採血をする必要がある。

便利なのが生理の時期がわかり、調整が出来る

いつ生理来るのかわかるのがうれしい。
ピンク色は効果があるが、白はプラセボ。(効果がない)
白い錠剤がくると生理がきたとわかるのが便利。
旅行とかいくとき便利。

白い錠剤を飲まずピンクを飲むと生理の時期をずらせる。
次の生理は多くなる。
不正生理、生理不順、生理が飛ぶ人などはこれで調節できる。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑