子宮頸がんⅡa期の治療法とⅡb期の手術合併症

質問

48歳の女性です。
子宮頸がんⅡa期と診断され放射線治療を行う事になっています。
手術という選択肢はないのでしょうか。

回答

子宮頸がんⅡa期の場合、手術を勧めるか放射線を勧めるかは微妙な問題です。
がん研有明病院では平成19年以前はⅡa期よりも進行したⅡb期は手術対象からはずして放射線を勧めることとしました。
理由は放射線治療に抗がん化学療法を併用する治療、
同時併用化学放射線治療=CCRTで手術と同じぐらい治るのではないかと期待できる事、
Ⅱb期に手術を行うと手術の合併症・後遺症がより早期に比べて高頻度に出やすいことです。

Ⅱa期の場合でも、がんが子宮頚部の前壁に浸潤してくる場合は手術の合併症、
たとえば膀胱膣ろうが比較的多い為、最近は手術より放射線を勧める事が普通です。
手術がいいか、放射線がいいかはいつも議論になり、
婦人科と放射線科でも意見がわかれることがよくあります。

質問

私の場合手術が適応なのでしょうか?
後遺症が心配です。

回答

Ⅱa期までの場合、年齢が50歳未満で手術が困難な合併症がなければ手術を優先して勧めています。
がん研有明病院で行う骨盤神経温存広汎子宮全摘なら80%の患者さんは3週間で、
95%の患者さんは4週間で排尿障害から回復し、日常生活に戻れる為です。

手術の後遺症である排尿障害、足のむくみなどは確かに問題ですが、
手術後の時間の経過とともに改善します。
足のむくみは手術後に放射線を照射しなければ軽いむくみが15%に認められるぐらいです。

産経新聞平成25年11月26日のがん電話相談から。
自分達からあまり関連性がないと思いきや、若い方でもなる病気が癌です。
ですから、アンテナを張っていろいろ情報を聞いて言葉に慣れておきたいですね。

CCRTとは

化学療法・放射線治療同時併用療法
放射線治療に加えて抗がん剤治療(化学療法)を同時におこなう方法。
化学療法・放射線療法同時併用療法の目的は、
①放射線療法に強い化学療法併用を加えることで化学療法と放射線治療のそれぞれの抗腫瘍効果で強力な治療効果を得る。
②放射線治療の効果を高めるための増感剤として化学療法を用いる、
③放射線治療との併用で根治を目指し、手術を避け、機能や臓器温存を図ることなどです。

膀胱膣ろう

膀胱と腟との間に交通(瘻孔(ろうこう))ができる。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑