子宮頚部異形成はほっとくと治る?子宮頚部円錐切除術の後遺症

公開日: : 最終更新日:2016/04/19 がん電話相談から 過去ログデータ

35歳の女性です。
半年前人間ドッグの子宮頸がん検査で、子宮頚部上皮内病変(CIN)、中程度異形性(CIN2)と診断され、3ヶ月ごとに経過観察をしています。
今回受けた検査でもCIN2でした。
妊娠を希望しているのですが治療を急いだほうがいいでしょうか?

子宮頚部中等度異形成の治療は急いだほうがいい?

CINはヒト乳頭腫ウイルスHPVが感染した上皮細胞をゆっくり腫瘍化させます。
軽度異形成(CIN1)→中等度異形成→高度異形成(CIN3)
参考:子宮頸がん検診結果の読み方

と変化させ、子宮頚部上皮内癌(0期の子宮頸がん)に進みます。
このような変化は数年から十数年かけて起こってくるのが普通です。

逆に考えますと、感染したHPVに対して患者さんが抵抗力を発揮して免疫力を獲得できればこの変化の過程を中断させそれ以上秒かが悪化しない上、自然に治ってしまうこともあります。
実際、CINの患者さんを半年後とに検査していくと2年くらいのうちにCIN1の75%、
CIN2の50%はほっとくと治ってしまいます。
CIN3で治るケースは少なく、子宮頚部円錐切除術などを勧めることになります。

検査を繰り返し行うことで治る可能性は50%ありますし、癌に進行するまでには相当時間がかかります。

子宮頚部円錐切除術などの後遺症

  • 子宮頚管狭窄
  • 月経血の流出障害
  • 月経痛、子宮頚管の短縮・劣化
  • 妊娠した場合の子宮頚管無力症
  • 妊娠前期の流産

等があるため、手術を勧めることは一般的ではありません。
後遺症の少ない子宮頚部レーザー蒸散や、子宮頚部凍結治療などで治療することもあります。
経過観察で繰り返し検査を受けながら可能であれば今のうちに妊娠分娩するのが望ましいです。

平成28年4月12日の癌電話相談より。

関連記事

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

高齢の母の大腸ポリープは放置していいのか

質問 高齢の母の大腸ポリープは放置してい

記事を読む

no image

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が

記事を読む

no image

オプジーボEGFR遺伝子変異が陽性の方には効果が弱い

60歳女性です。 1年半前、非小細胞が

記事を読む

no image

PSA高値にならない前立腺がん再発は?毎年直腸診!

74歳の男性です。 10年前PSAが3

記事を読む

no image

卵巣顆粒膜細胞腫の3度目の再発予防のために化学療法は?

質問 卵巣がんの抗がん剤で治療しましょう

記事を読む

no image

前立腺がんホルモン療法で副作用がでたら抵抗が現れる心配

71歳男性です。 6年前、前立腺がんと

記事を読む

no image

COQ2遺伝子コエンザイムQ10大量服用多系統萎縮症リハビリ結核

脳の多系統萎縮症の遺伝子レベル治療法探る

記事を読む

no image

前立腺がん 全摘0.01が境目 間欠ホルモン療法にしたい

質問 前立腺がん、間欠ホルモン療法にした

記事を読む

no image

明細胞がんは抗がん剤が効かない性質。省略でもいい?

質問 45歳の女性です。 大きさ

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑