大腸がん肝転移、肝切除2回、抗がん剤治療を続ける?

公開日: : 最終更新日:2014/11/06 がん電話相談から 過去ログデータ

大腸がん肝転移2回、今後の抗がん剤治療は続けたほうがいいのか?それとも続けないほうがいいのか?
平成26年11月4日産経新聞のがん電話相談より。

質問 抗がん剤治療を続ける?

56歳の女性です。
大腸がんステージⅣで大腸切除術を行いました。
腫瘍の大きさは4センチで、肝臓に大きい転移が3箇所、小さい転移が多発していました。
抗がん剤のFOLFOX療法と分子標的治療薬のアバスチンによる治療を6クール行い、著明ではありませんが効果がありました。
手術の5ヵ月後、肝臓の2分の1を切除、肝転移は取りきれました。
その6ヵ月後再びFOLFOX療法+アバスチンを6クール行い、7ヵ月後に再発。
抗がん剤のカンプトとゼローダを6クール行いましたが効果ははっきりしませんでした。
2ヶ月前、肝転移2箇所を切除し、主治医から「今後抗がん剤治療をするかしないかは、自分で決めるように」といわれました。

回答

2ヶ月前の肝切除術で、今は肉眼的には癌の遺残はない状態です。
これまでの肝切除術2回、抗がん剤治療18クール行いましたが、抗がん剤の効きがやや悪いという評価でした。
しばらくは抗がん剤なしで経過観察をするのが一番バランスのいい考え方だと思います。

質問

抗がん剤を使っても意味がないということですか?

回答 肝臓の再生力温存のために経過観察がいい

意味がないということではありません。
もともと転移の数が多く、肝転移の再発リスクは高い状況です。
肝臓は手術で切除して小さくなっても、また自然に膨らんでくる再生力を持っています。
しかし、抗がん剤治療は肝臓にダメージを与える治療です。
やみくもに続けると肝予備機能の低下を招くことになり、肝臓内に次に再発した際に手術ができなくなる恐れもあります。
一番大切なことは手術ができるということです。

肝臓の機能が保たれていればこれから先も手術はできます。
お薬を休んで同時に肝臓を休ませ、画像検査で厳密にチェックして影が見えたらすぐ手術をするという考え方です。

関連記事

no image

脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断され

記事を読む

no image

癌の手術が不安。持病で喘息 狭心症 心臓 ステント

74歳の女性です。 1年2ヶ月前、甲状

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

58歳の女性です。 5年前、乳癌で右乳

記事を読む

no image

子宮体がんⅠa期 術後の補助化学療法 TC療法をおすすめ

質問 52歳女性です。1ヶ月前、子宮体

記事を読む

no image

COQ2遺伝子コエンザイムQ10大量服用多系統萎縮症リハビリ結核

脳の多系統萎縮症の遺伝子レベル治療法探る

記事を読む

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

潰瘍性大腸炎は放射線治療の照射で悪化し穿孔を起こす恐れ

68歳男性です。 3か月前、PSA値4

記事を読む

no image

膀胱がん再発、BCG注入療法は2回まで、筋層浸潤の場合は?

質問 膀胱がん再発、BCG注入療法行える

記事を読む

no image

白血球が少ないならティーエスワン。ジェムザール・アブラキサンが効かない場合

1年3ヶ月前にすい臓癌と診断されました。

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑