オプジーボEGFR遺伝子変異が陽性の方には効果が弱い

60歳女性です。
1年半前、非小細胞がんの扁平上皮がん、リンパ節転移がありステージ3と診断されました。
上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異が陽性でした。
放射線治療30回と抗がん剤(シスプラチン+ビノレルビン)治療4クールを実施し、CT検査の結果、肺主要が半分に縮小。
7ヵ月後に脳転移で再発し、タルセバの内服を開始したところ、現在は脳腫瘍が消失しました。
タルセバは続行するように言われましたが、副作用の皮膚障害が強いので服用を中止あるいは減薬できませんか?
話題のオプジーポ(非小細胞肺がん治療に承認された免疫療法薬)はどうですか?
また、免疫を上げるための漢方薬の併用はできますか?

肺がん脳転移が消失、抗がん剤治療中止は可能?

中止すると再燃する可能性もありますし、量を減らせば効果が落ちる可能性もあります。
副作用がきつくどうしても続けられない場合は休薬することもありますが、頑張って継続するのが一般的です。
オプジーボは非常によく効く方もいますが、あなたのおうにEGFR遺伝子変異が陽性の方には効果が弱いとも言われています。

現在効果が出ている薬を続ける方が確実です。
また、漢方薬も薬なので肝臓に負担がかかる、間質性肺炎を引き起こすなど副作用が出る可能性があります。

もしかしたら私も腺癌なのでは?

入院中同室だった肺腺癌の肩が抗がん剤も放射線治療も私とまったく同じでした。
EGFR遺伝子変異陽性のタイプは多くの場合腺がんです。
腺がんか扁平上皮癌かは生検で採取した細胞の形状を顕微鏡で見て組織型を決めています。
生検組織で見るのは一部の細胞であり、他の部分には腺がんが含まれていることがあります。
組織型にはあまりこだわらず遺伝子変異の有無、タルセバの効果があることを重要視する方がいいと思います。

平成28年5月31日の産経新聞がん電話相談より。

関連記事

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

膵癌で陽子線治療が非常によく効いたら化学療法は続ける?

56歳の男性です。 2年3ヶ月前に4セ

記事を読む

no image

子宮頸部腺がんは子宮頚管の奥に残っている可能性がある

43歳の女性です。 26歳と30歳のと

記事を読む

no image

卵巣顆粒膜細胞腫の3度目の再発予防のために化学療法は?

質問 卵巣がんの抗がん剤で治療しましょう

記事を読む

no image

セミノーマ、後腹膜リンパ節切除手術は必要?

質問 精巣腫瘍、術後化学療法後の治療法

記事を読む

no image

転移の無いリンパ節転移にアイソトープ治療(放射性ヨード)をする必要ない

54才の女性です。 9年前甲状腺乳頭癌

記事を読む

no image

胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

質問 67歳の母は2年前、胆管がん

記事を読む

no image

浸潤性乳管癌の硬癌と診断、温存手術後の化学療法

66歳の女性です。 3か月前に浸潤性乳

記事を読む

no image

前がん病変の治療の時期を患者が判断することは難しい

質問 がんの芽は癌になるのでしょうか?

記事を読む

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

→もっと見る

PAGE TOP ↑