トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

58歳の女性です。
5年前、乳癌で右乳房温存手術を受けました。
乳頭近くにできた1センチ大の浸潤癌で、ホルモン受容体はER10%未満、PgR陰性で、HER2も陰性でした。
術後、放射線治療を乳房全体に30回、乳頭部に追加5回の計35回実施。
ホルモン療法でフェマーラの内服をはじめました。
3年後、右乳頭部のしこりを自覚し、再度部分切除しましたが、病理検査の結果、がんは確認されませんでした。
現在フェマーラの内服を継続していますが、予定通り5年間で終了すると言われました。
再発転移が心配なので内服を続けたいのですが。

乳癌術後5年 ホルモン治療を続けたい

確かにホルモン治療は長く続けたほうが再発予防にいいかもしれないという考え方が出てきています。
しかし、全例に当てはまらないため継続するかどうかはタイプと再発リスクで考えるのがよいと思います。
乳癌の治療はホルモンに反応するタイプ(陽性)と反応しないタイプ(陰性)にわけられ、ホルモン陰性(ER,PgRが陰性)の人はホルモン治療の対象外となります。
ホルモン陰性の中でHER2も陰性のケースをトリプルネガティブといいます。
あなたの場合、ERがわずかに陽性ですが、タイプとしてはトリプルネガティブに近く、ホルモン反応性は低いタイプと思われます。

トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

再発リスクに関してはステージⅠでリンパ節転移もないことから平均で90%治るような早期のものです。
乳首を残すため切除しきれない可能性がある部分には放射線治療を5回加えており、今回の組織検査でもがんはありませんでした。
手術から5年経過しており、さらにリスクは減っているはずです。
トリプルネガティブで再発する場合は5年より早い段階で起こることが多いので、今再発していないのなら今後再発する危険はさらに低いのではないでしょうか?
フェマーラは5年で終了していいでしょう。

平成28年6月14日の産経新聞生活欄、癌電話相談からより。

関連記事

no image

癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

食道がん内視鏡手術後リンパ節転移で食道全摘する必要はあるか

がんの手術だからと言って自ら寿命を縮める

記事を読む

no image

T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグ

記事を読む

no image

抗がん剤治療の75歳以上との違い持病、変化

がんの薬物利用は近年どう変化していますか

記事を読む

no image

膵臓がん手術後肝臓に転移の治療法。抗がん剤が一般的

61才の男性です。 2年3か月前、すい

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

胆管がん転移再発で手術をしない理由

82歳の男性です。 胆管がんで膵頭十二

記事を読む

no image

脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断され

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑