シスプラチンとビノレルビン、術後抗がん剤の副作用が心配

公開日: : 最終更新日:2014/06/30 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 抗がん剤の副作用が心配

70歳男性です。
2年2ヶ月前、右肺の下葉に小さな癌が見つかり、2年間経過観察をしていましたが、変化はありませんでした。
2ヶ月前の検査で腫瘍が増大していることがわかり、1ヵ月後胸腔鏡下で開胸手術を行いました。

腫瘍の大きさは30ミリ×24ミリ×10ミリ、肺がんステージⅢa、リンパ節転移が2箇所ありました。
主治医からシスプラチンとビノレルビンによる術後の化学療法薦められています。
抗がん剤の副作用が心配です。
慢性化しないでしょうか。

回答 日常生活に支障をきたすほどではありません

1ヶ月の前半は吐き気、食欲減退

腺がんでステージⅢaであれば、再発の心配があります。
術後に補助化学療法を行えば、再発のリスクが下がることがわかっており、標準的治療です。
1ヶ月1コースとして、4コースを繰り返して行うことになります。
副作用として1ヶ月の前半は消化器毒性(吐き気、食欲減退など)が強く出ます。

副作用は強くなるが慢性化することは少ない

投与を始めて2週間頃に白血球や血小板の現象が見られます。
一般的には1ヶ月ぐらいで回復し、次のコースの治療に入ります。
2回目、3回目と繰り返していくうちに少しずつ副作用が強くなっていきますが、長期的に慢性化することは少なく、ほとんどは回復します。

慢性的な副作用として、シスプラチンの神経毒性によるしびれがあり、しばらく残ることがあります。
腎臓に負担がかかった場合の腎機能低下は残ってしまうことがありますが、日常生活に支障をきたすほどではありません。

質問 分子標的治療薬は使用できますか

補助化学療法で分子標的治療薬は使用できますか。

回答 現在臨床試験中です

EGFR(上皮成長因子受容体)の遺伝子変異が陽性であれば、分子標的治療薬のイレッサやタルセバはよく効く可能性が高いと期待できます。
しかし現時点では術後化学療法として使うことは薦められません。
現在臨床試験中です。

肺がん イレッサ、タルセバ、アレクチニブ:非小細胞肺癌の治療
白血病 グリベック、スプリセル、タシグナ、タシグナ:慢性骨髄性白血病
腎がん スーテント、パゾパニブ:腎細胞癌の治療
乳がん タイケルブ:HER2過剰発現乳癌 など

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

no image
死体を解剖した時に左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

死因を調べるため死体を解剖した時、左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

→もっと見る

PAGE TOP ↑