腎臓がんの術後の再発率はどれぐらい?

公開日: : 最終更新日:2015/05/13 がん電話相談から 過去ログデータ

82歳男性です。
8年前腎臓がんで左腎摘出術を受けました。
大きさ3センチでリンパ節への転移はありませんでした。
術後8年間、3ヶ月に1階血液検査を行い、CT検査とXP検査をそれぞれ年2回行って来ました。
夜間の頻尿に悩まされていますが、定期検査の結果は異常なく経過しています。
よく5、6年再発しなければ治ったことになると聞きますが、腎臓がんの術後の再発率はどれぐらいでしょう?
通院が負担なのですが検査はいつまで行えばいいのでしょうか?

回答 切除を考えた場合、早く見つけたほうがいい

Tia(直径が4センチ以下で腎臓にとどまっている)の腎臓がんなら再発率はおおよそ10%以下です。
5年以上たっていますのでさらにリスクは低いと思われます。
検査を続けているのは、早期に転移を発見するメリットがあるからだと思います。
腎臓がんの場合、転移に対しても切除可能なら切除します。
切除を考えた場合、早く見つけたほうがいいのです。
しかし現在82歳ですので小さい進行の遅い転移なら、経過観察でもいいと思われます。

もうひとつ考えられるのは、
残された腎機能が正常かどうかを確認するために3ヶ月に一回採血しているのかもしれません。
確かに3ヶ月に1回定期検査に通い、年2回CTを取り続けるのは負担が重いかもしれません。
8年経過して再発がなかったら、普通の市町村の健康診断などでいいのかもしれません。

質問 頻尿はどうしたらいいですか?

頻尿はどうしたらいいのでしょうか?

回答 腎臓がんと頻尿は関係ない

腎がんとは関係ありませんので地殻の泌尿器科で治療を受けてください。
そのとき主治医の先生に相談して情報をもらい、時々近くの先生に腹部の超音波や胸のレントゲンをとってもらうようにしたらどうでしょうか?

関連記事

no image

甲状腺がんは脳への転移を初期段階で見つけることは難しい

67才男性です。 9年前甲状腺乳頭がん

記事を読む

no image

前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。 前立せんがん全摘出

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

子宮頸がんで25回の外照射のみだと根治できない

質問 子宮頸がんで25回の外照射のみだと

記事を読む

no image

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が

記事を読む

no image

卵巣顆粒膜細胞腫の3度目の再発予防のために化学療法は?

質問 卵巣がんの抗がん剤で治療しましょう

記事を読む

no image

中間リスク群で骨髄移植するべき?兄弟間でHLA一致

質問 中間リスク群で骨髄移植するべき?

記事を読む

no image

子宮全摘出、子宮切除後にHPVが陽性になることはよくあること

高齢者の子宮頚部前がん病変、全摘術後もH

記事を読む

no image

前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつま

記事を読む

no image

子宮頸部腺がんは子宮頚管の奥に残っている可能性がある

43歳の女性です。 26歳と30歳のと

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑