肝内胆管がん術後CA19-9腫瘍マーカー高値、他の治療法

公開日: : 最終更新日:2014/06/23 がん電話相談から 過去ログデータ

肝内胆管がんの手術後、腫瘍マーカーが高値続く。
CA19-9だけで再発、治療無効の判断は危険。

質問 もう他に治療法はない

75歳男性です。
1年半前に肝内胆管がんで、肝臓を60%と胆管・胆のう切除術を受けました。
術後の抗がん剤治療でTS-1を内服しましたが、発疹と倦怠感の副作用が強く出たため1ヶ月で終了。
その1ヵ月後からジェムザール治療を10ヶ月行いましたが、腫瘍マーカーCA19-9が100で、効果がありませんでした。
続いて、シスプラチンの治療を5ヶ月行ったのですが、CA19-9は150で効果はありませんでした。
主治医から「もう他に治療法はない」といわれました。

回答

肝内胆管がんは早期に発見され、十分な手術ができれば治癒が期待できます。
手術後の抗がん剤による再発予防効果は証明されていませんので通常は経過観察をします。
CA19-9の高値が手術後に低下したものの、その後上昇すれば再発が疑われるところですが、術後の再発の診断は意外に難しく、このような状況でもCTやPETで見つからないことがよくあります。

再発と診断して抗がん剤を始めるか、経過を見るかは主治医判断になります。
経過観察でいつまでも再発が見つからず、そのうちCA19-9が低下してくることもありえます。
CA19-9だけで再発を診断したり、抗がん剤無効の判断をくだしたりすることはとても危険です。
まず、CA19-9の推移と画像診断の見直しによる病状の再確認をお勧めします。

質問 他の治療法

他に何か治療法はありませんか?

回答

再発が確実で、かつジェムザール単独療法が無効と判断できる状況であれば、ジェムザールとシスプラチンの同時併用療法、もしくはTS-1の減量再導入が次の治療候補です。
そのほかには免疫ワクチン療法や、新規抗がん剤の臨床試験、治験への参加が考えられます。

関連記事

no image

膵癌で陽子線治療が非常によく効いたら化学療法は続ける?

56歳の男性です。 2年3ヶ月前に4セ

記事を読む

no image

すい臓がんは抗がん剤治療だけで完治しない

61才の女性です。 4ヶ月前にすい臓が

記事を読む

no image

卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステ

記事を読む

no image

前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつま

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

手術後に再発した場合救済放射線治療の可能性は?

51才の男性です。 PSA4.4、前立

記事を読む

no image

前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。 前立せんがん全摘出

記事を読む

no image

がんの分子標的治療薬でニキビ、水疱、ざ瘡、乾燥性皮膚炎、爪囲炎で痛い

がんの分子標的治療薬に皮膚障害の副作用。

記事を読む

no image

子宮頸部腺がんは子宮頚管の奥に残っている可能性がある

43歳の女性です。 26歳と30歳のと

記事を読む

no image

悪性リンパ腫が再発に骨髄異型性症候群。治療法は?

質問 悪性リンパ腫が再発、使える薬は?

記事を読む

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑