睾丸のがんで脳に転移、髄注で激しい頭痛やめまい

45歳の男性です。
半年前睾丸に違和感を覚えて病院へ受診。
悪性リンパ腫ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1期と診断されました。
腫瘍は左後腹膜にあり、大きさは10センチでした。
R-CHOP療法(分子標的薬リツキサン+抗がん剤のCHOP療法)6クールが近く終了予定です。
頑固な悪性リンパ腫の治療法の種類

悪性リンパ腫の脳転移の予防的治療はしたほうがいい

脳転移の可能性があると言われ、予防のために3クール目と同時に
「メソトレキセート+キロサイド+ステロイド剤」の髄注(脊髄腔への注入)を行いましたが、激しい頭痛やめまいなどがでました。
現在、PETで腫瘍はほぼ消失しています。
主治医から髄注4回を勧められていますが、このような強い副作用がでても治療を続けるべきですか。

後腹膜にある副腎や鼻、睾丸、乳房に腫瘍があったり腫瘍が大きかったりした場合、脳転移の可能性が高いです。
脳に転移してしまうと、抗がん剤が非常に効きにくいので予防的にメソトレキセートとキシロサイドの髄注を3週間ごとに4回行うのは標準的な治療です。
腫瘍が消えても、血液やリンパ中に微小ながん細胞が流れている可能性もあるのでできれば治療を続けた方がいいです。

脳にとって抗がん剤は異物ですから頭痛などが出るのはやむをえませんが、
一次的なものです。静脈注射で全身投与するより中枢神経に直接抗がん剤を高濃度で入れられる髄注の方が全身にかかわる副作用は少ないです。
ただ、食事ができず点滴に通院しなければならないなど生活に支障が出て中止する方もいます。
辛さはご本人しかわかりませんので主治医によく相談してください。

睾丸の違和感が続いています。腫瘍との関係はありますか?

この疾患に関係があればPETなどで陽性になったり悪化したりします。
PETが陰性で泌尿器科医も見たうえで違うというなら関係ないでしょう。

関連記事

no image

前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レント

記事を読む

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

no image

前立腺がん手術後PSA上昇 ホルモン治療継続 救済照射後治癒の確認

がん電話相談から前立腺がん手術後PSA上

記事を読む

no image

遠くに転移する飛び散る癌の治療法、抗がん剤と免疫細胞療法

限局性の癌 腫瘍が発生した部位だけ

記事を読む

no image

γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγ

記事を読む

no image

舌癌再発の治療法は?口腔癌は抗がん剤の効果が低い

がん電話相談、平成26年5月13日より。

記事を読む

no image

卵巣と子宮で同時に癌、手術後化学療法はしなくていい?

53歳の女性です。 子宮たいがんで子宮

記事を読む

no image

大腸がん肝転移、肝切除2回、抗がん剤治療を続ける?

大腸がん肝転移2回、今後の抗がん剤治療は

記事を読む

no image

子宮頸がん全摘出術、再発SCC増加、化学療法?リンパ節転移なし

質問 33歳の女性です。 1年前子宮

記事を読む

no image

前がん病変の治療の時期を患者が判断することは難しい

質問 がんの芽は癌になるのでしょうか?

記事を読む

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

→もっと見る

PAGE TOP ↑