甲状腺乳頭がんのリンパ節、再発転移する可能性

質問 甲状腺乳頭がん全摘後の再発の可能性は?

38才の女性です。
甲状腺乳頭がんと診断されました。
右葉に直径1.8センチ、左葉に少し小さい主要があり、甲状腺のすぐ下に肉眼では見えない小さなリンパ節転移が1個あるといわれました。
病理検査の結果はT3N0M0でした。
甲状腺全摘術とリンパ節郭清(かくせい)を受け、甲状腺ホルモン剤のチラージンSを飲んでいます。
主治医からすべて取りきれました。
今後再発する心配はありませんので追加補助治療は必要ありません。
といわれました。
一般的に再発転移する可能性はどのぐらいでしょうか?

回答 病理検査の結果がT3N0M0ならない

甲状腺乳頭がんの治療の中心は手術で、おおむねリンパ節郭清を行います。
手術前の検査でリンパ節転移があるかもしれないということであっても、病理検査の結果がT3N0M0だったということは、病理学的にはリンパ節転移はなかったということだと思います。
また、たとえリンパ節転移があったとしても、甲状腺乳頭がんにおいて病理学的にわかる非常に小さなリンパ節転移は再発転移の
リスクをあげることはありません。

再発転移の可能性はがんですから0ではありません。
数%程度の方にでてくる可能性はありますが、主治医の先生のお話どおり命にかかわる再発転移はまずないと思います。

質問 経過観察は?

経過観察はどのようにしたらいいでしょう?

回答 ゆっくり経過をみましょう

施設によって多少違うと思いますが、年一回程度の超音波検査で甲状腺周囲やリンパ節転移などを調べ、胸部レントゲンやCT検査で肺に転移がないか調べます。
血液検査で腫瘍マーカーのサイログロブリン値も参考にします。
甲状腺の短は小さいものではすぐに病気はでてきませんのでゆっくり気楽に経過を見ることが大事だと思います。

平成27年3月17日の産経新聞、癌電話相談より。
回答には癌研有明病院の戸田和寿頭頚科副医長があたりました。

関連記事

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステ

記事を読む

no image

手術しないがん治療は動注で抗がん剤と放射線

抗がん剤の動注で患部に。 宮崎県石巻氏

記事を読む

no image

癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保

記事を読む

no image

子宮卵巣で術後化学療法をする低分化型や漿液性腺癌 4センチ以上 リンパ管 毛細血管

61歳女性です。 子宮体がんを腹腔鏡で

記事を読む

no image

トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

58歳の女性です。 5年前、乳癌で右乳

記事を読む

no image

膵がん術後,TS-1とゲムシタビン,抗がん剤を開始の期間

質問、膵がん術後はTS-1の治療しかない

記事を読む

no image

PSA再発で次の治療法は放射線治療かホルモン治療

70歳の男性です。 1年前、PSA値7

記事を読む

no image

膵癌で陽子線治療が非常によく効いたら化学療法は続ける?

56歳の男性です。 2年3ヶ月前に4セ

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑