高リスク前立腺がんの治療法

公開日: : 最終更新日:2014/06/11 がん電話相談から 過去ログデータ

質問

75歳男性です。2年前のPSA値は4.8でした。
7ヶ月前に12.5、4ヶ月前には14と急速に上昇したため、生検を行い、12本中3本から癌が見つかり、前立腺がんと診断されました。
リンパ節、他臓器への転移はありません。
グリーソンスコアはまだわかりませんが、悪めのがんと言われました。

3ヶ月前から注射と内服によるホルモン治療を受けています。
主治医から今後の治療としてホルモン療法+IMRT(強度変調放射線治療)、
または高線量率組織内照射療法を選択するよう勧められています。

回答

高線量率組織内照射療法か、ホルモン療法とIMRTの併用を勧められているのであれば高リスクの癌だと思います。
年齢が75歳以上と高齢ですが、
しっかりした治療をしましょうということだと思います。
放射線治療を行う場合、ホルモン治療を4~6ヶ月間行い、その後半に放射線を当てるのは標準的な治療法です。
おそらく放射線照射後も2年程度、ホルモン治療を継続することを勧められると思います。

質問

どちらの治療法を選択したらいい?

回答

高線量率組織内照射療法は照射用の針を前立腺に10本程度刺入して、
イリジウム192という強力な線源を針の中で移動させながら照射します。
照射量は1回に5~10グレイで、通常、外部照射と併用して行われます。
針を入れたまま1~4日程度安静にしていなければならず、入院が必要です。

ホルモン治療と併用するIMRTは形だけでなく濃淡をつけて5方向から照射することにより、前立腺の形状に合わせて照射できます。
当院では週5回で39回、8週間弱通院して78グレイを照射します。
どちらも高リスクながんには有効な治療法なので、あなたが受け入れやすいほうを選ばれればいいと思います。

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑