高リスク前立腺がんの治療法

公開日: : 最終更新日:2014/06/11 がん電話相談から 過去ログデータ

質問

75歳男性です。2年前のPSA値は4.8でした。
7ヶ月前に12.5、4ヶ月前には14と急速に上昇したため、生検を行い、12本中3本から癌が見つかり、前立腺がんと診断されました。
リンパ節、他臓器への転移はありません。
グリーソンスコアはまだわかりませんが、悪めのがんと言われました。

3ヶ月前から注射と内服によるホルモン治療を受けています。
主治医から今後の治療としてホルモン療法+IMRT(強度変調放射線治療)、
または高線量率組織内照射療法を選択するよう勧められています。

回答

高線量率組織内照射療法か、ホルモン療法とIMRTの併用を勧められているのであれば高リスクの癌だと思います。
年齢が75歳以上と高齢ですが、
しっかりした治療をしましょうということだと思います。
放射線治療を行う場合、ホルモン治療を4~6ヶ月間行い、その後半に放射線を当てるのは標準的な治療法です。
おそらく放射線照射後も2年程度、ホルモン治療を継続することを勧められると思います。

質問

どちらの治療法を選択したらいい?

回答

高線量率組織内照射療法は照射用の針を前立腺に10本程度刺入して、
イリジウム192という強力な線源を針の中で移動させながら照射します。
照射量は1回に5~10グレイで、通常、外部照射と併用して行われます。
針を入れたまま1~4日程度安静にしていなければならず、入院が必要です。

ホルモン治療と併用するIMRTは形だけでなく濃淡をつけて5方向から照射することにより、前立腺の形状に合わせて照射できます。
当院では週5回で39回、8週間弱通院して78グレイを照射します。
どちらも高リスクながんには有効な治療法なので、あなたが受け入れやすいほうを選ばれればいいと思います。

関連記事

no image

すい臓がんは抗がん剤治療だけで完治しない

61才の女性です。 4ヶ月前にすい臓が

記事を読む

no image

膀胱癌の温存療法は内視鏡手術で削り、抗がん剤治療と放射線治療を併用

68才の母ですが、筋層浸潤性膀胱癌と診断

記事を読む

no image

乳がん乳房温存手術後の皮膚転移の治療法は?

53歳の女性です。 12年前乳がんステ

記事を読む

no image

PSA高値にならない前立腺がん再発は?毎年直腸診!

74歳の男性です。 10年前PSAが3

記事を読む

no image

潰瘍性大腸炎は放射線治療の照射で悪化し穿孔を起こす恐れ

68歳男性です。 3か月前、PSA値4

記事を読む

no image

膵がん術後,TS-1とゲムシタビン,抗がん剤を開始の期間

質問、膵がん術後はTS-1の治療しかない

記事を読む

no image

HER2陽性乳癌の標準治療、薬の順番

45歳の女性です。 左乳がんで温存手術

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

no image

悪性リンパ腫が再発に骨髄異型性症候群。治療法は?

質問 悪性リンパ腫が再発、使える薬は?

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑