悪性リンパ腫が再発に骨髄異型性症候群。治療法は?

公開日: : 最終更新日:2015/03/05 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 悪性リンパ腫が再発、使える薬は?

71歳の母は20年前、
悪性リンパ腫で抗がん剤治療と自家末梢血幹細胞移植を受け寛解しました。
1年10ヶ月前、悪性リンパ腫が再発、
合わせて骨髄異型性症候群と診断されました。
8ヶ月前、肺のリンパ腫で胸水が貯留していることがわかり、抗がん剤のリツキサンを3クール行いました。
胸水は改善しましたが、白血球が17万に上昇、スタラシドを1クール行い、白血球は10万台になりました。
6ヶ月前ラステッドを2クール行ったところで白血球は正常化しましたが、以後上昇に転じ1ヶ月前には8万まで上がりました。
高齢の母にこの先つかえる薬はありますか?

回答 ハイドレアやキロサイドは?

お母さんに使うことができる薬に飲み薬のハイドレアがあります。
注射薬でキロサイド(スタラシドを点滴にしたもの)も効果があります。
どちらも根本治療ではなくて悪い細胞が増えているのを減らすための薬です。
あくまでも一時的な治療で休薬するとまた増えてしまいます。
白血球が8万というのは、白血病に近い病態です。

1万、2万下げても治るわけではありませんので、
お母さんにとって辛いだけの治療かもしれません。

質問 母にとってのベストの治療法は?

母は20年前の抗がん剤治療が辛かったため、もう受けたくないといっています。
母にとってのベストの治療法は?

回答 骨髄異型性症候群、今後の治療法は?

病態から、骨髄異型性症候群を先に治療する必要があります。
この場合、抗がん剤治療になります。
71歳で仮にお元気であれば、もっと強い治療をしたほうがいいと思います。
ラステッドやキロサイドより強い薬が2種類ありますが、
お母さんには辛い治療になると思います。

吐き気止めをしっかり使って治療してください。
いくら支持療法を行っても、以前の治療が辛かったという思いがありますと体が記憶しています。
治療をしないのも選択肢の一つです。

回答には癌研有明病院の畠清彦血液腫瘍科部長があたりました。

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑