化学療法で乳房を温存しリンパ節郭清を省略できる?

質問 術前化学療法でリンパ節郭清を省略は?

58歳の女性です。
右乳房脇の下近くにしこりを感じ検査を受けました。
直径2.5センチの腫瘍が1個と周囲に小さいものが数個繋がった状態で見つかり、乳頭近くまで広がっていました。
脇の下のリンパ節も多数腫れていて、細胞検査で転移が確認されました。
ホルモン受容体は陽性でHER2は陰性でルミナールBタイプと言われました。

術前化学療法としてドセタキセルを4クール、CEFを4クール行った後、乳房全摘術とリンパ節郭清(かくせい)を行うことになっています。
術前化学療法を行えば乳房を温存することができ、リンパ節郭清を省略できるのでしょうか?

回答 リンパ節郭清を勧めています

基本的に術前化学療法を行う前にリンパ節転移があった人については、リンパ節郭清を勧めています。
ただし、薬がよく効いて画像で転移が消えていれば術中に行うセンチネルリンパ節生検などを利用して、とらなくてもいいのではないかという意見もあります。
しかし、もともと転移があって抗がん剤治療を行った人では、センチネルリンパ節生検の信頼度は低下するため、まだ少数意見だと思います。

乳房の手術も腫瘤が中心に向かって縮小した場合と、もともと乳管内に広範囲に広がっている場合とでは術式を変えています。
前者では切除範囲の縮小は望めません。

質問 8クール終了する前に手術は可能?

抗がん剤の副作用が辛いので8クール終了する前に手術を受けることはできませんか?

回答 決められた量と回数を計画通りに行うこと

手術はできますが、抗がん剤の治療は全身のことを考えて行っています。
手術をしたら抗がん剤が不要というわけではありません。
リンパ節に転移がある人はない人より肺や肝臓、骨などに転移が隠れている可能性が高いので、抗がん剤治療を行っています。
決められた量と回数を計画通りに行うことをお勧めします。

平成27年2月24日火曜日の産経新聞生活欄のがん電話相談から。
回答には癌研究有明病院の岩瀬乳腺科部長があたりました。

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑