化学療法で乳房を温存しリンパ節郭清を省略できる?

質問 術前化学療法でリンパ節郭清を省略は?

58歳の女性です。
右乳房脇の下近くにしこりを感じ検査を受けました。
直径2.5センチの腫瘍が1個と周囲に小さいものが数個繋がった状態で見つかり、乳頭近くまで広がっていました。
脇の下のリンパ節も多数腫れていて、細胞検査で転移が確認されました。
ホルモン受容体は陽性でHER2は陰性でルミナールBタイプと言われました。

術前化学療法としてドセタキセルを4クール、CEFを4クール行った後、乳房全摘術とリンパ節郭清(かくせい)を行うことになっています。
術前化学療法を行えば乳房を温存することができ、リンパ節郭清を省略できるのでしょうか?

回答 リンパ節郭清を勧めています

基本的に術前化学療法を行う前にリンパ節転移があった人については、リンパ節郭清を勧めています。
ただし、薬がよく効いて画像で転移が消えていれば術中に行うセンチネルリンパ節生検などを利用して、とらなくてもいいのではないかという意見もあります。
しかし、もともと転移があって抗がん剤治療を行った人では、センチネルリンパ節生検の信頼度は低下するため、まだ少数意見だと思います。

乳房の手術も腫瘤が中心に向かって縮小した場合と、もともと乳管内に広範囲に広がっている場合とでは術式を変えています。
前者では切除範囲の縮小は望めません。

質問 8クール終了する前に手術は可能?

抗がん剤の副作用が辛いので8クール終了する前に手術を受けることはできませんか?

回答 決められた量と回数を計画通りに行うこと

手術はできますが、抗がん剤の治療は全身のことを考えて行っています。
手術をしたら抗がん剤が不要というわけではありません。
リンパ節に転移がある人はない人より肺や肝臓、骨などに転移が隠れている可能性が高いので、抗がん剤治療を行っています。
決められた量と回数を計画通りに行うことをお勧めします。

平成27年2月24日火曜日の産経新聞生活欄のがん電話相談から。
回答には癌研究有明病院の岩瀬乳腺科部長があたりました。

関連記事

no image

卵巣明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい?

質問 明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

no image

前がん病変の治療の時期を患者が判断することは難しい

質問 がんの芽は癌になるのでしょうか?

記事を読む

no image

タモキシフェンで子宮筋腫が大きくなる可能性、子宮内膜症も悪化

48歳女性です。 2年三ヶ月前、左乳癌

記事を読む

no image

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58

記事を読む

no image

医療は治療<検査<予防<予測へ 検査LOX-index

若い人からでも動脈硬化の進行具合と血管内

記事を読む

no image

高齢で前立腺に浸潤している膀胱癌の治療法

質問 迷っています 81歳と高齢の

記事を読む

no image

PSA再発とは、治療後PSA値が最低値+2以上に上昇

71才の男性です。 8年前PSA値10

記事を読む

no image

子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑