「 がん電話相談から 過去ログデータ 」 一覧

無料で読めるがん電話相談は、産経新聞の生活欄の記事からです。
癌の新しい、現在の治療法の情報がわかるいい記事だと思います。
ですから、過去ログデータにしています。
がん電話相談は医者(クリニック、医院など)も見ています。
がん研有明病院の医者は、患者の症状に対しどのような助言をするかの例になっています。
癌治療の最前線を行く、がん研有明病院の医師が電話相談にあたるそうです。
そのほかにも産経新聞のがん電話相談からなどの記事や、癌、ウイルス、遺伝子治療、研究、難病などの情報を更新しています。

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58歳は2010年に国立病院機構四国がんセンターで遺伝し検査を受けた。 母親と妹は乳癌で亡くなっている。 自信は2007年に右胸の乳癌が見つかり全摘手術を受けた

続きを見る

乳癌術後微小転移 リンパ節郭清は?Ki-67 ルミナールA型 ER PgR

40歳女性、左乳癌で温存手術を受けました。 ステージⅡで腫瘍の大きさは1.5センチ、リンパ管浸潤は要請、血管浸潤は陰性でした。 核異型度はグレードⅡでホルモン受容体はER(エストロゲン受容体),P

続きを見る

メタボ肝がんAST GOTが40以上糖尿病を合併 脂肪肝 肝炎 肝硬変

メタボ肝がんについての詳細情報です。 学生時代は身長165センチ、体重50キロ、やせ気味の体型だったのに仕事を始めて体重が増えた。 30代後半で69キロ、東京都の男性65歳は43歳のとき糖尿病と診

続きを見る

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の不妊対策。 若年性がん患者の不妊対策が注目されている。 がん治療、生殖医療の双方が進歩した事で、がん克服後に妊娠・出産が望める可能性も出てきた。 その1つ

続きを見る

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が40%近くまで上がっている。 東京大学大学院教授肝胆膵外科 國土典宏 先生 肝臓がん患者の生存率アップは検査法、治療法の進歩、再発への対処から。 肝が

続きを見る

癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保存で移植し機能回復。 抗がん剤治療で機能が失われる前に卵巣を摘出して凍結保存し、 治療後に体内に戻して機能を回復させることに順天堂大学などのチームが成功した

続きを見る

卵巣がんIa期 被膜リンパ管毛細血管内侵襲浸潤 類内膜粘液性分化度

卵巣がんIa期、経過観察できないかという記事。 産経新聞、H25/8/27がん電話相談から。 悩み 31歳女性、2kgの左卵巣腫瘍の摘出手術を受けました。 病理検査でがん細胞が検出され、卵

続きを見る

COQ2遺伝子コエンザイムQ10大量服用多系統萎縮症リハビリ結核

脳の多系統萎縮症の遺伝子レベル治療法探る。 多系統萎縮症とは小脳、脳幹やその周辺などが萎縮して起きる。 脳の細胞には異常な物質が溜まる。 歩くときのふらつきや手の震え、自立神経障害などが起きる。

続きを見る

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑