「 がん電話相談から 過去ログデータ 」 一覧

無料で読めるがん電話相談は、産経新聞の生活欄の記事からです。
癌の新しい、現在の治療法の情報がわかるいい記事だと思います。
ですから、過去ログデータにしています。
がん電話相談は医者(クリニック、医院など)も見ています。
がん研有明病院の医者は、患者の症状に対しどのような助言をするかの例になっています。
癌治療の最前線を行く、がん研有明病院の医師が電話相談にあたるそうです。
そのほかにも産経新聞のがん電話相談からなどの記事や、癌、ウイルス、遺伝子治療、研究、難病などの情報を更新しています。

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が効かなくなるたび次の薬はあるのかと一喜一憂してきた。 肺がんを患い7年半になる70歳女性。 大阪府立成人病センターで治療を受け、これまでに使った抗がん剤は1

続きを見る

前立腺がん手術後PSA上昇 ホルモン治療継続 救済照射後治癒の確認

がん電話相談から前立腺がん手術後PSA上昇 質問 全摘手術後もPSA高い 68歳男性です。1年前前立腺がんで全摘手術を受けました。 グリーソンスコアは3+4=7、リンパ節や骨への転移はあ

続きを見る

膵がんステージⅣaの治療法、放射線治療やペプチドワクチン免疫療法

がん電話相談から、膵がんステージⅣaの治療法について。 質問 73歳の母は1ヶ月前、胃の不調を訴え、検査を受けた結果、膵がんステージⅣaと診断されました。 主治医から「血管に浸潤して

続きを見る

医療は治療<検査<予防<予測へ 検査LOX-index

若い人からでも動脈硬化の進行具合と血管内にできる血栓が原因の脳梗塞や心筋梗塞の発症までを予測するのが、「LOX-index」。 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)と大学発ベンチャーのバイオマー

続きを見る

子宮体がんⅠa期 術後の補助化学療法 TC療法をおすすめ

質問 52歳女性です。1ヶ月前、子宮体がんで手術を受けました。 手術後の病理検査の結果ステージⅠa期、リンパ節への転移はありませんでした。 体がんの顔つきも悪くないそうです。 主治医から、「が

続きを見る

肝炎 肝硬変 肝臓癌に進行の手術入院期間1週間治療法

肝炎から肝硬変、そして肝臓癌へと進行した場合、癌再発を防ぐ観点から専門医が最初に選択するのは、患部と周辺組織などを切除する外科手術になるケースが多い。 しかし切除すれば肝機能が維持できなくなるほどの

続きを見る

胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

質問 67歳の母は2年前、胆管がんで手術を受けました。 ステージⅠで、術後補助療法はしませんでした。 9ヵ月後、閉塞性黄疸を起こし、胆管ドレナージ術を行いました。 8ヶ月前、門脈が詰まり、

続きを見る

セカンドライン化学療法 子宮体癌術後の治療法

手ごわい子宮体癌術後の治療法は? 質問 64歳女性です。 10ヶ月前に子宮体癌で広汎性子宮全摘術を受けました。 ステージⅢb、膣壁に浸潤し、膀胱表面の腹膜に転移していました。 抗がん剤の

続きを見る

子宮頸がんⅡa期の治療法とⅡb期の手術合併症

質問 48歳の女性です。 子宮頸がんⅡa期と診断され放射線治療を行う事になっています。 手術という選択肢はないのでしょうか。 回答 子宮頸がんⅡa期の場合、手術を勧めるか放射線を勧めるか

続きを見る

子宮頸がん全摘出術、再発SCC増加、化学療法?リンパ節転移なし

質問 33歳の女性です。 1年前子宮頸がんステージ1B期で、広汎子宮全摘術を受けました。 扁平上皮癌で、リンパ節への転移はありませんでした。 腫瘍マーカーSCCが、術後半年は1.2で経過、術後

続きを見る

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58歳は2010年に国立病院機構四国がんセンターで遺伝し検査を受けた。 母親と妹は乳癌で亡くなっている。 自信は2007年に右胸の乳癌が見つかり全摘手術を受けた

続きを見る

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑