「 がん電話相談から 過去ログデータ 」 一覧

無料で読めるがん電話相談は、産経新聞の生活欄の記事からです。
癌の新しい、現在の治療法の情報がわかるいい記事だと思います。
ですから、過去ログデータにしています。
がん電話相談は医者(クリニック、医院など)も見ています。
がん研有明病院の医者は、患者の症状に対しどのような助言をするかの例になっています。
癌治療の最前線を行く、がん研有明病院の医師が電話相談にあたるそうです。
そのほかにも産経新聞のがん電話相談からなどの記事や、癌、ウイルス、遺伝子治療、研究、難病などの情報を更新しています。

前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受けたところ左肺の上葉に8ミリのすりガラス状陰影を指摘されました。 前がん状態(AAH)といわれ経過観察となりました。 半年ごと

続きを見る

手術後に再発した場合救済放射線治療の可能性は?

51才の男性です。 PSA4.4、前立腺生検12本中2本(左側のみ) にがんが見つかり、グリーソンスコア3+4=7でした。 骨シンチグラフィー、MRIで転移は無くT2a期の限局がんの診断で手術か

続きを見る

転移の無いリンパ節転移にアイソトープ治療(放射性ヨード)をする必要ない

54才の女性です。 9年前甲状腺乳頭癌で右葉切除と頚部リンパ節郭清手術を受けました。 右葉に5センチの腫瘍があり、病理分類はT4aN1aM0でした。 以来、経過観察を続けてきましたが、一ヶ月前、

続きを見る

乳がんホルモン受容体1%以上あれば陽性に分類

51才の女性です。 乳がんステージ1で右乳房温存手術を受けました。 腫瘍の大きさは0.7センチ、グレード3、リンパ節転移はありませんでした。 ホルモン受容体のER1~9%、PgR0%で、HER2

続きを見る

オプジーボEGFR遺伝子変異が陽性の方には効果が弱い

60歳女性です。 1年半前、非小細胞がんの扁平上皮がん、リンパ節転移がありステージ3と診断されました。 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異が陽性でした。 放射線治療30回と抗がん剤(シスプ

続きを見る

PSA再発とは、治療後PSA値が最低値+2以上に上昇

71才の男性です。 8年前PSA値10.5、生検で12本中2本からがんが見つかり前立腺癌と診断されました。 グリーソンスコアは3+2=5でした。 放射線の高線量率源治療と体外照射を行い、PSA値

続きを見る

睾丸のがんで脳に転移、髄注で激しい頭痛やめまい

45歳の男性です。 半年前睾丸に違和感を覚えて病院へ受診。 悪性リンパ腫ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1期と診断されました。 腫瘍は左後腹膜にあり、大きさは10センチでした。

続きを見る

すい臓がんは抗がん剤治療だけで完治しない

61才の女性です。 4ヶ月前にすい臓がんステージ3~4と診断されました。 膵頭部に2.5センチの腫瘍があり、周囲に浸潤していたため手術できないといわれ、抗がん剤治療を受けています。 当初の「ゲム

続きを見る

1期食道がんの5年生存率は手術の場合80%

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラで食道がんが見つかりT1bのステージ1と診断されました。 CTではリンパ節転移はありません。 主治医から治療の選択肢として手術と化学放射線療法(放射線治療と

続きを見る

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承認された日本発の幹細胞を使った再生医療等製品。 ただ、白血病において行われる造血幹細胞移植における合併症につかうものです。 移植後、ドナーのリンパ球により患

続きを見る

トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

58歳の女性です。 5年前、乳癌で右乳房温存手術を受けました。 乳頭近くにできた1センチ大の浸潤癌で、ホルモン受容体はER10%未満、PgR陰性で、HER2も陰性でした。 術後、放射線治療を乳房

続きを見る

胃の3分の2を切除の次は大腸を持ち上げて食道の通り道を再建

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラで食道がんが見つかり、T1bのステージ1と診断されました。 CT検査ではリンパ節転移はありません。 主治医から治療の選択肢として手術と化学放射線療法(放射線

続きを見る

牛肉や豚肉の食べすぎは前立腺がんの進行を早める

46歳夫は8ヶ月前、前立腺がんと診断されました。 PSA値234、グリーソンスコアは9、針生検は16本中ほぼすべてが悪性で、 PET-CT、骨シンチで多発骨転移が見られました。 ホルモン治療の「

続きを見る

治験になるには?スキルス胃がんの化学療法

予後が悪く寿命が短いスキルス胃がんの癌電話相談。 32歳の娘は1年前スキルス性胃がんと診断されました。 腹膜は種があり、手術はできませんでした。 腫瘍が大きく食べ物の通過障害があったので、胃

続きを見る

PSA高値にならない前立腺がん再発は?毎年直腸診!

74歳の男性です。 10年前PSAが38、グリーソンスコア3+4=7で前立腺がんと診断されました。 カソデックスとリュープリンによるホルモン治療を開始し、その後放射線を72グレイ照射しました。

続きを見る

原発の肺腺がんは周囲がすりガラス状で可能性が高い

72歳の男性です。 2年前、中分化型肺がん、ステージⅢAと診断され、 胸腔鏡補助下手術で右下葉の切除とリンパ郭清術を行いました。 術後化学療法で、「シスプラチン+アリムタ」を4クール施行、 1

続きを見る

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑