肺腺癌は抗がん剤2剤併用療法を4クール、PD1は臨床試験中

68歳の男性です。
1年前、肺腺癌ステージⅢaと診断されました。
3か月後、右肺の下葉切除とリンパ節郭清術を行いました。
術後2か月前から、抗がん剤のビノレルビンとシスプラチンの2剤併用療法を4クール行いましたが、
間質性肺炎が見つかったため減量して行いました。
現在、毎月1回の血液検査とCTで様子を見ています。

周囲に再発した方が多いので心配です。
再発予防のために治療など、今すべきことがあったら教えてください。

回答 肺腺癌の術後の抗がん剤治療で再発が心配

手術をされた方は皆さん、再発する可能性があり、再発を心配されます。
再発をいかに抑えるかを考える必要があります。

再発するということは目に見えないがんが残っている可能性があるということであり、
潜んでいるがんを抑えるために手術後に抗がん剤を追加します。
あなたの場合は手術後すでに4クールの抗がん剤治療を受けられていますので、
効果的な再発予防のための治療をすでに受けられています。
これ以上抗がん剤治療を継続することはお勧めしません。
体に負担ばかりかかってしまい、効果も不明だからです。
後は慎重に経過観察を行っていくことが一般的な考え方です。

質問 免疫療法は?

再発予防のために例えば免疫療法のPD1はどうでしょうか。

回答 術後PD1は臨床試験中

PD1は注目されていますが、手術後の再発予防に有効かどうかは、これからの臨床試験で確認される段階です。
結果が出るのは数年先になります。
また、免疫療法といっても、薬は免疫関連の副作用もあり、効果が見えない現時点ではリスクのほうが心配です。
再発しているかが不明である状態で治療するのではなく、再発した時にしっかりした治療をすることをお勧めします。

産経新聞平成27年9月8日生活欄がん電話相談より。
回答にはがん研有明病院の西尾呼吸器内科部長があたりました。

関連記事

no image

肝炎 肝硬変 肝臓癌に進行の手術入院期間1週間治療法

肝炎から肝硬変、そして肝臓癌へと進行した

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

抗がん剤が最適。再発胆のう癌の腹壁転移に骨盤転移

質問 腹壁転移に骨盤転移に化学療法

記事を読む

no image

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が

記事を読む

no image

前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつま

記事を読む

no image

潰瘍性大腸炎は放射線治療の照射で悪化し穿孔を起こす恐れ

68歳男性です。 3か月前、PSA値4

記事を読む

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

アブラキサン追加ですい臓の腫瘍は縮小したが白血球が減る

すい臓がんは沈黙の臓器といわれ、若くても

記事を読む

no image

抗がん剤治療中も働く患者が増えています

抗がん剤治療中も働く患者が増えていますね

記事を読む

no image

癌で残った甲状腺を摘出(補完全摘)する意味

甲状腺濾胞癌の治療法です。 質問

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑