パーキンソン病で特定疾患を取る条件とは

公開日: : 最終更新日:2014/02/22 がん電話相談から 過去ログデータ

パーキンソン病は特定疾患の難病助成が受けられる。
特定疾患を取るには重症度と生活機能障害度の2つの条件があります。

パーキンソン病の進行(ヤール重症度)

1度 片側に症状
2度 両側に症状
3度 活動がやや制限
4度 介助が必要
5度 車椅子など

3度以上である、さらにもう一つ縛りがある

生活機能障害度

1度 日常生活、通院にほとんど介助を要さない
2度 日常生活、通院に部分解除を要する
3度 日曜生活に全面的に介助を要し、独立では歩行起立不能

2度以上じゃないと受けれない

つまりヤール重症度で3度以上かつ生活機能障害度で2度以上で、
パーキンソン病で特定疾患を取得できるということになる。

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

→もっと見る

PAGE TOP ↑