パーキンソン病で特定疾患を取る条件とは

公開日: : 最終更新日:2014/02/22 がん電話相談から 過去ログデータ

パーキンソン病は特定疾患の難病助成が受けられる。
特定疾患を取るには重症度と生活機能障害度の2つの条件があります。

パーキンソン病の進行(ヤール重症度)

1度 片側に症状
2度 両側に症状
3度 活動がやや制限
4度 介助が必要
5度 車椅子など

3度以上である、さらにもう一つ縛りがある

生活機能障害度

1度 日常生活、通院にほとんど介助を要さない
2度 日常生活、通院に部分解除を要する
3度 日曜生活に全面的に介助を要し、独立では歩行起立不能

2度以上じゃないと受けれない

つまりヤール重症度で3度以上かつ生活機能障害度で2度以上で、
パーキンソン病で特定疾患を取得できるということになる。

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑