パーキンソン病で特定疾患を取る条件とは

公開日: : 最終更新日:2014/02/22 がん電話相談から 過去ログデータ

パーキンソン病は特定疾患の難病助成が受けられる。
特定疾患を取るには重症度と生活機能障害度の2つの条件があります。

パーキンソン病の進行(ヤール重症度)

1度 片側に症状
2度 両側に症状
3度 活動がやや制限
4度 介助が必要
5度 車椅子など

3度以上である、さらにもう一つ縛りがある

生活機能障害度

1度 日常生活、通院にほとんど介助を要さない
2度 日常生活、通院に部分解除を要する
3度 日曜生活に全面的に介助を要し、独立では歩行起立不能

2度以上じゃないと受けれない

つまりヤール重症度で3度以上かつ生活機能障害度で2度以上で、
パーキンソン病で特定疾患を取得できるということになる。

関連記事

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

no image

リンパ漏れの原因は手術中の結紮、電気メスで凝固後の再開通

70歳の妻は2ヶ月前に卵管癌で標準手術(

記事を読む

no image

膵癌からの転移が手術できない理由は?

質問 70歳女性です。 初期の膵

記事を読む

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部

記事を読む

no image

甲状腺全摘出後に行う術後補助療法が放射性ヨード内用療法

73歳の女性です。 13年前、声が出に

記事を読む

no image

卵巣顆粒膜細胞腫の3度目の再発予防のために化学療法は?

質問 卵巣がんの抗がん剤で治療しましょう

記事を読む

no image

子宮頸部腺がんは子宮頚管の奥に残っている可能性がある

43歳の女性です。 26歳と30歳のと

記事を読む

no image

卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステ

記事を読む

no image

直腸がんで肛門括約筋を温存で抗がん剤は?

直腸がん肛門温存治療後の抗がん剤は?

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑