抗がん剤治療中も働く患者が増えています

公開日: : 最終更新日:2014/12/14 がん電話相談から 過去ログデータ

抗がん剤治療中も働く患者が増えていますね。
副作用を抑えるいい薬もあり、多くの場合は外来でできるようになりました。
その方が早く社会復帰できます。
ただ、配置転換や退職勧奨を恐れ、周囲に闘病を隠して働く人も珍しくありません。

抗がん剤治療は昔のように苦しげではない

問題はがん患者に向けられる社会の誤解や理解度の低さです。
癌への恐怖心、一昔前の苦しげな抗がん剤治療のイメージが今も根強いのです。
抗がん剤で嘔吐する確率

点滴の抗がん剤は通常1日投与して、3週間の休薬するというサイクルで、その間、床に伏せっているわけではありません。
再発しても治療しながら長く癌と共存している人もいます。
様代わりする治療の現実に人々の理解が追いつき、患者が安心して暮らせる社会を築くことが急務です。
日本医大武蔵小杉病院の腫瘍内科享受、勝俣先生。

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑