抗がん剤治療の75歳以上との違い持病、変化

公開日: : 最終更新日:2014/02/27 がん電話相談から 過去ログデータ

がんの薬物利用は近年どう変化していますか?

正常な細胞も壊す従来の抗がん剤に加え、がん細胞だけを狙い撃ちし、副作用も比較的少ない分子標的薬が次々と登場し、患者の選択肢が増えています。
遺伝子レベルでがんの型を調べ、最適な薬を選ぶ個別改良も徐々に浸透してきました。


治療中の生活の質を保つ薬も充実してきています。
従来型の抗がん剤は嘔吐や強い吐き気を伴うのですが、新たな吐き気止め薬はこうした症状を軽減でき、外来で抗がん剤治療がしやすくなりました。

がん患者の4割が75歳以上。
抗がん剤治療は若年層とどう違いますか?

まず抗がん剤ができる状態かどうかの見極めが重要です。
認知症患者や全身状態の悪い人に副作用の強い治療はできませんが、臓器機能がよく自立生活が可能な人には標準の抗がん剤治療を検討します。
年齢だけを理由に減約することはありません。
ただ見かけ上は健康でも治療で肺炎や腎機能低下を起こしやすいなど、リスクに留意する必要があります。

ほかに持病があった場合のがんの薬物療法は?

糖尿病や心臓、腎疾患などがある場合、治療が複雑になります。
例えば、人工透析中の患者には腎臓で代謝される抗がん剤は使えず、肝臓代謝のものへ変更も考慮します。
同じ状態でも薬物療法に精通した腫瘍内科医がいない病院では抗がん剤が使われない場合があるなど、治療に差が出ているのも現状です。

がん専門医療機関を受診し、持病を理由に受け入れてもらえなかった人もいると思います。
総合的に様々な病気を診る機能が弱く、持病リスクに対応できない場合があるためです。
最高水準のがん治療をと望む患者の思いに答える為、癌専門病院は、総合病院との連携など時代に見合った態勢整備を検討すべき時がきています。

関連記事

no image

前立腺がん 全摘0.01が境目 間欠ホルモン療法にしたい

質問 前立腺がん、間欠ホルモン療法にした

記事を読む

no image

浸潤性乳管癌の硬癌と診断、温存手術後の化学療法

66歳の女性です。 3か月前に浸潤性乳

記事を読む

no image

子宮体がんⅠa期 術後の補助化学療法 TC療法をおすすめ

質問 52歳女性です。1ヶ月前、子宮体

記事を読む

no image

前立腺がんが急に進行で腰椎転移は変形腰椎症?

72歳男性です。 1年2ヶ月前、PSA

記事を読む

no image

高齢の母の大腸ポリープは放置していいのか

質問 高齢の母の大腸ポリープは放置してい

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断さ

記事を読む

no image

食道がん内視鏡手術後リンパ節転移で食道全摘する必要はあるか

がんの手術だからと言って自ら寿命を縮める

記事を読む

no image

化学療法で乳房を温存しリンパ節郭清を省略できる?

質問 術前化学療法でリンパ節郭清を省略は

記事を読む

no image

膀胱癌の温存療法は内視鏡手術で削り、抗がん剤治療と放射線治療を併用

68才の母ですが、筋層浸潤性膀胱癌と診断

記事を読む

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑