抗がん剤治療の75歳以上との違い持病、変化

公開日: : 最終更新日:2014/02/27 がん電話相談から 過去ログデータ

がんの薬物利用は近年どう変化していますか?

正常な細胞も壊す従来の抗がん剤に加え、がん細胞だけを狙い撃ちし、副作用も比較的少ない分子標的薬が次々と登場し、患者の選択肢が増えています。
遺伝子レベルでがんの型を調べ、最適な薬を選ぶ個別改良も徐々に浸透してきました。


治療中の生活の質を保つ薬も充実してきています。
従来型の抗がん剤は嘔吐や強い吐き気を伴うのですが、新たな吐き気止め薬はこうした症状を軽減でき、外来で抗がん剤治療がしやすくなりました。

がん患者の4割が75歳以上。
抗がん剤治療は若年層とどう違いますか?

まず抗がん剤ができる状態かどうかの見極めが重要です。
認知症患者や全身状態の悪い人に副作用の強い治療はできませんが、臓器機能がよく自立生活が可能な人には標準の抗がん剤治療を検討します。
年齢だけを理由に減約することはありません。
ただ見かけ上は健康でも治療で肺炎や腎機能低下を起こしやすいなど、リスクに留意する必要があります。

ほかに持病があった場合のがんの薬物療法は?

糖尿病や心臓、腎疾患などがある場合、治療が複雑になります。
例えば、人工透析中の患者には腎臓で代謝される抗がん剤は使えず、肝臓代謝のものへ変更も考慮します。
同じ状態でも薬物療法に精通した腫瘍内科医がいない病院では抗がん剤が使われない場合があるなど、治療に差が出ているのも現状です。

がん専門医療機関を受診し、持病を理由に受け入れてもらえなかった人もいると思います。
総合的に様々な病気を診る機能が弱く、持病リスクに対応できない場合があるためです。
最高水準のがん治療をと望む患者の思いに答える為、癌専門病院は、総合病院との連携など時代に見合った態勢整備を検討すべき時がきています。

関連記事

no image

境界悪性卵巣腫瘍の手術後管理、病理医に再度、病理診断

質問 境界悪性卵巣腫瘍の手術後管理

記事を読む

no image

肺に転移した腎臓がんは切除して取ったほうがいいの?その後スーテント?

肺に転移した腎臓がん、摘出したほうがいい

記事を読む

no image

卵巣と子宮で同時に癌、手術後化学療法はしなくていい?

53歳の女性です。 子宮たいがんで子宮

記事を読む

no image

食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断さ

記事を読む

no image

シスプラチンとビノレルビン、術後抗がん剤の副作用が心配

質問 抗がん剤の副作用が心配 70

記事を読む

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

メタボ肝がんAST GOTが40以上糖尿病を合併 脂肪肝 肝炎 肝硬変

メタボ肝がんについての詳細情報です。

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

化学療法で乳房を温存しリンパ節郭清を省略できる?

質問 術前化学療法でリンパ節郭清を省略は

記事を読む

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

→もっと見る

PAGE TOP ↑