膵がん術後,TS-1とゲムシタビン,抗がん剤を開始の期間

公開日: : 最終更新日:2014/03/02 がん電話相談から 過去ログデータ

質問、膵がん術後はTS-1の治療しかない?

70才男性です。2ヶ月前、膵がんと診断されました。
病巣を縮小させる目的でTS-1の治療を受けたのですが、吐き気と食欲不振で続けられず、2週間で中止になりました。


1ヶ月前、膵がんの切除手術を受けました。
ステージⅣa、リンパ節転移はありませんでした。
主治医からTS-1を飲むようにと言われています。
まだ体力が回復しないため、TS-1の治療を受ける自身がありません。
ほかに治療法はないでしょうか?

回答、TS-1の副作用が辛い場合はゲムシタビンがお勧めできます

膵がんは完全に切除できれば治すことができます。
しかし、目に見えない浸潤や転移まで切除することは大変難しく、術後に再発することもあります。
手術後の抗がん剤治療(補助化学療法)は取り残した微小がんを抑制し、再発を予防することがわかっています。

抗がん剤はゲムシタビンかフッ化ピリミジン(TS-1など)が用いられます。
最近の臨床試験で、日本人ではゲムシタビンより、TS-1の方が再発予防効果が強いことがわかりました。
したがって、TS-1が第一選択ですが、海外ではゲムシタビンが用いられており、
TS-1の副作用が辛い場合は、ゲムシタビンがお勧めできます。

質問、膵がん術後どのくらいの期間で始める?

TS-1治療を受ける場合、手術後、どのくらいの期間で始めればいいですか?

回答、2ヶ月半から3ヶ月以内に抗がん剤を開始

補助化学療法の臨床試験では手術後、2ヶ月半から3ヶ月以内に抗がん剤を開始されることが多く、一般的には、取り残した微小がんが進行しない早期の段階から使用することが合理的と考えられます。
3ヶ月を超えて抗がん剤を始めた場合、臨床試験で示された再発抑制効果がそのまま得られるかわかっていませんが、あせらず、体力の回復を待った方が得策である場合が少なくないと考えられます。

関連記事

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑