癌で残った甲状腺を摘出(補完全摘)する意味

公開日: : 最終更新日:2014/03/29 がん電話相談から 過去ログデータ

甲状腺濾胞癌の治療法です。

質問 甲状腺濾胞癌の治療法は?

51歳女性です。
2年前、頚部に腫脹が現れ、経過を見ていました。
4ヶ月前、甲状腺の左葉に陰影があり、甲状腺左葉切除術を行いました。
腫瘍の大きさは2.6センチ、癌は取りきれたそうです。
術中病理検査の結果、濾胞癌とわかり、担当の先生から、
「濾胞癌は転移しやすいので全摘した方がいい」といわれました。
リンパ節や他の臓器に転移はありませんでした。

回答 残った甲状腺を摘出(補完全摘)する意味

術後の病理検査で濾胞癌と判明した場合に、残った甲状腺を摘出(補完全摘)する意味は、残った甲状腺がんの再発を防ぐこと、放射線ヨードを利用した遠隔転移巣の検索、
内用療法を目的としています。

リンパ節転移を来しやすい乳頭がん(甲状腺がんの役90%)に比べ、
濾胞癌(同数%)は肺や骨などの多臓器への転移の有無が予後を左右することが多いです。
また、転移を来した場合は手術治療が困難なことが多いため、遠隔転移のリスクが高い濾胞癌と
判断された場合、補完全摘をお勧めする場合があります。

放射性ヨードを用いた検査、治療を行うためには、甲状腺が残っているとよい治療効果が得られません。
濾胞癌と病理診断がついた場合、年齢や術前・術後の所見と合わせて総合的にリスクが高いと判断されれば、
一般的に補完全摘術が薦められます。
何らかのリスク因子があったのではと思います。

質問 合併症が心配です

合併症が心配です。

回答 甲状腺ホルモン

甲状腺を全摘することによる合併症は術後、
甲状腺ホルモン補充を一生続ける必要があること、
また手術による声の変化やカルシウム補充の可能性があることですが、
手術の合併症は専門の医師が行うことでおおむね避けられると思います。
甲状腺ホルモン補充は安定したお薬での内服を続けていれば心配ありません。

回答には癌研有明病院の戸田先生があたりました。
産経新聞のがん電話質問よりの記事です。

関連記事

no image

肺がんにイレッサは三か月ごとに経過、進行が遅いから

60才の女性です。 1年前に肺腺癌と診

記事を読む

no image

前がん病変の治療の時期を患者が判断することは難しい

質問 がんの芽は癌になるのでしょうか?

記事を読む

no image

胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

質問 67歳の母は2年前、胆管がん

記事を読む

no image

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が

記事を読む

no image

卵巣明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい?

質問 明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい

記事を読む

no image

膀胱癌の温存療法は内視鏡手術で削り、抗がん剤治療と放射線治療を併用

68才の母ですが、筋層浸潤性膀胱癌と診断

記事を読む

no image

子宮頸部腺がんは子宮頚管の奥に残っている可能性がある

43歳の女性です。 26歳と30歳のと

記事を読む

no image

パーキンソン病、家族からの相談

患者を支える家族からの相談がよく寄せられ

記事を読む

no image

心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘

記事を読む

no image

メタボ肝がんAST GOTが40以上糖尿病を合併 脂肪肝 肝炎 肝硬変

メタボ肝がんについての詳細情報です。

記事を読む

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑