前立腺がん 全摘0.01が境目 間欠ホルモン療法にしたい

公開日: : 最終更新日:2014/05/05 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 前立腺がん、間欠ホルモン療法にしたい

78歳男性です。
8ヶ月前、PSA値9.6で生検を受け、12箇所中5箇所からがんが見つかり、前立腺がんと診断されました。グリーソンスコアは6、リンパ節への転移、浸潤や多臓器への転移はありませんでした。


半年前、カソデックスとリュープリンのホルモン療法を開始、3ヵ月後には、PSA値は0.04になり、4ヵ月後、5ヵ月後、そして半年後の今月も0.03で落ち着いています。
ホルモン療法の副作用(物忘れ、だるさ、体重増加)が辛いので間欠ホルモン療法にしたいのですが。

回答 賛成です

PSA値が高い為に生検を受けたのであれば78歳という年齢も考慮して、初めから全く治療しないで経過を見る待機療法も一つの選択肢でした。
悪性度の低い前立腺がんにホルモン療法を行い、副作用に苦しむということは少なくありません。治療のしすぎが反省期に入っています。

日本では早期がんに対してもホルモン治療が多く行われていますが、欧米ではあまり行われていません。
生存率も症状が出るまで何も治療しなかった場合と同じという論文もあります。
副作用による症状があるようですから、間欠ホルモン治療に変えることは賛成です。

ホルモン治療を辞めるとPSA値は上がってきます。
治療開始前の数値、すなわち10になったら再びホルモン治療を考えてもいいでしょう。
ただ、10以上でもすぐには生命の危険はありませんので、待機療法に移行してもいいと思います。

質問 0.1以下に下がる?

PSA値0.002や0.003という数字を見かけますが、そこまで下がるものなのでしょうか?

回答 全摘手術でとりきれたかどうかは0.01が境目

前立腺の全摘手術をした場合、全部とりきれたかどうかの目安が0.01以下なのです。
手術をしていない人はそこまで細かい数字は必要ありません。

間欠ホルモン治療とは?

ホルモンの使用を一時中止しし、またPSAが上がってきたら再開する治療。
ホルモン剤は副作用で、抑うつ状態や頭痛、発汗、全身倦怠感などの更年期症状が出るため。
他にも、筋肉量の低下からインスリン抵抗性を惹起し、内臓脂肪の増加、動脈硬化にも繋がる。
医療費も抑え、副作用も抑えられる。

がん電話相談からでした。
行き過ぎた、がん治療で、より苦しむのが反省期で、今では治療しない選択肢、治療しないほうがQOLが向上することもある。
昔は医者の言いなりだったかもしれないけど、今の時代は患者ありきって感じでしょう。

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑