乳がん(非浸潤癌)全摘、術後のホルモン治療、補助療法は必要ない

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 乳がん(非浸潤癌)全摘、術後の治療はしなくていい?

47才女性です。
右乳がんで全摘手術を受けました。
非浸潤癌で大きさは4センチ、ホルモン受容体はER5%、PgR陰性、HER2は陽性でした。
主治医からは、「早期で非浸潤癌なのでホルモン治療は必要ない」と言われ、セカンドオピニオンの意思には、「ホルモン感受性は弱いがホルモン療法をしてもいい」と言われました。
術後の補助療法はしなくてもいいのでしょうか?

回答 非浸潤癌の診断に不安がなければ術後の補助療法は必要ない

大きさ4センチの非浸潤癌ということですが、どのぐらい詳しく調べて浸潤がないと判断したのかが問題となります。
どこにも浸潤のない本当の非浸潤癌であれば、確実にとってしまえば100%治るはずです。
実際には再発の危険率が2%~3%あるといわれていますが、これは調べなかったところに浸潤が隠れている可能性や
取りきれていない可能性などを考慮にいれています。
病理で細かく調べなければ、再発の危険率はさらにおおきくなります。
その場合は薬の治療を考えたほうがいいかもしれません。
通常、非浸潤癌でも全摘なら無治療でいいと思いますが、温存手術の場合はしばしばホルモン治療が追加されます。

温存の場合はたとえ非浸潤癌でも周囲に少し癌が残っているかもしれないので、ホルモン治療を行うことで同側の再発の危険率が少し下がります。
今回は全摘なので非浸潤癌の診断に不安がなければ術後の補助療法は必要ないと考えます。

質問 左乳房の良性腫瘍も部分切除は癌化?

左乳房の良性腫瘍も部分切除しました。
ホルモン治療をすることで左側の癌化を抑えることはできませんか?

回答 健康な人が薬を使う必要はない

左のほうは癌ではなかったのでホルモン治療の必要はありません。
ホルモン治療をすると反対側の癌の発生を抑えることがわかっていますが、健康な人が薬を使う必要はないと思います。

平成26年8月26日産経新聞生活欄、がん電話相談より。

関連記事

no image

肺に転移した腎臓がんは切除して取ったほうがいいの?その後スーテント?

肺に転移した腎臓がん、摘出したほうがいい

記事を読む

no image

肺がんは75%以上がスリガラス状、白い部分が25%以下なら転移しない癌

質問 62歳男性です。 6カ月前

記事を読む

no image

境界悪性卵巣腫瘍の手術後管理、病理医に再度、病理診断

質問 境界悪性卵巣腫瘍の手術後管理

記事を読む

no image

ホルモン治療と放射線治療でPSAが2になるまで経過を見ましょう

68歳の男性です。 10年前にPSAが

記事を読む

no image

原発の肺腺がんは周囲がすりガラス状で可能性が高い

72歳の男性です。 2年前、中分化型肺

記事を読む

no image

舌癌再発の治療法は?口腔癌は抗がん剤の効果が低い

がん電話相談、平成26年5月13日より。

記事を読む

no image

子宮頸がんで25回の外照射のみだと根治できない

質問 子宮頸がんで25回の外照射のみだと

記事を読む

no image

大動脈周囲のリンパ節まで進行した胃がんの治療法

質問 この治療法でいいのでしょうか?

記事を読む

no image

甲状腺全摘出後に行う術後補助療法が放射性ヨード内用療法

73歳の女性です。 13年前、声が出に

記事を読む

no image

多発性骨髄腫でベルケイドを続ける?皮下注射の方が効果が長い

質問 多発性骨髄腫でベルケイドを続けてい

記事を読む

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

→もっと見る

PAGE TOP ↑