乳がん(非浸潤癌)全摘、術後のホルモン治療、補助療法は必要ない

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 乳がん(非浸潤癌)全摘、術後の治療はしなくていい?

47才女性です。
右乳がんで全摘手術を受けました。
非浸潤癌で大きさは4センチ、ホルモン受容体はER5%、PgR陰性、HER2は陽性でした。
主治医からは、「早期で非浸潤癌なのでホルモン治療は必要ない」と言われ、セカンドオピニオンの意思には、「ホルモン感受性は弱いがホルモン療法をしてもいい」と言われました。
術後の補助療法はしなくてもいいのでしょうか?

回答 非浸潤癌の診断に不安がなければ術後の補助療法は必要ない

大きさ4センチの非浸潤癌ということですが、どのぐらい詳しく調べて浸潤がないと判断したのかが問題となります。
どこにも浸潤のない本当の非浸潤癌であれば、確実にとってしまえば100%治るはずです。
実際には再発の危険率が2%~3%あるといわれていますが、これは調べなかったところに浸潤が隠れている可能性や
取りきれていない可能性などを考慮にいれています。
病理で細かく調べなければ、再発の危険率はさらにおおきくなります。
その場合は薬の治療を考えたほうがいいかもしれません。
通常、非浸潤癌でも全摘なら無治療でいいと思いますが、温存手術の場合はしばしばホルモン治療が追加されます。

温存の場合はたとえ非浸潤癌でも周囲に少し癌が残っているかもしれないので、ホルモン治療を行うことで同側の再発の危険率が少し下がります。
今回は全摘なので非浸潤癌の診断に不安がなければ術後の補助療法は必要ないと考えます。

質問 左乳房の良性腫瘍も部分切除は癌化?

左乳房の良性腫瘍も部分切除しました。
ホルモン治療をすることで左側の癌化を抑えることはできませんか?

回答 健康な人が薬を使う必要はない

左のほうは癌ではなかったのでホルモン治療の必要はありません。
ホルモン治療をすると反対側の癌の発生を抑えることがわかっていますが、健康な人が薬を使う必要はないと思います。

平成26年8月26日産経新聞生活欄、がん電話相談より。

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑