多発性骨髄腫でベルケイドを続ける?皮下注射の方が効果が長い

公開日: : 最終更新日:2014/10/28 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 多発性骨髄腫でベルケイドを続けていいのか?

75歳女性です。
5年前、多発性骨髄腫を発症、ステージⅡでMP療法を2年間行いましたが、薬が効かなくなってしまいました。
2年前に治療薬をベルケイドに変更し、現在月に1回、外来で治療を受けています。
ベルケイドの注射は最初は皮下注射を毎週行っていましたが、今は量を少しづつ減らして月1回になり、注射があまりに痛いので、血管に注射しています。
ベルケイドの注射はずっと続けていていいのでしょうか?

回答

MP療法は古い治療法で、2年以内に半分の方が効かなくなります。
かなり延命できたとしても4~5念以内に多くの方が亡くなってしまいます。
分子標的治療薬のベルケイドを使うようになって5年以上生きられる方が増えてきました。
お薬はもう1種類ありますので効かなくなったときはそちらに変えればいいので、ベルケイドが効いている間は大事に使ったほうがいいです。

効果が出ているかどうかは検査データでわかります。
フリーライトチューン(FLC)を毎月測定する必要があります。
血液中のFLCの値が下がっているようであれば、非常によく効いているということですし、上がってくれば効いていないので、注射の回数を増やすか、薬を変えるかです。
副作用として下痢、便秘、しびれなどの程度にもよりますが、効果がでている限り続けたほうがいいと思います。

質問

今の治療法でいいのでしょうか?

回答 皮下注射の方が効果が長く続きます

静脈注射または点滴を行っているとの事ですが、血管注射はしびれが酷くなっていきますので、できれば皮下注射にしたほうがいいですね。
そのほうが効果が長く続きます。
投与は月1回ではなく、2回以上、2週続けて注射し、3週目は休むなどしたほうがいいです。
通常は最低週1回、つきに3~4回行っています。

平成26年10月21日の産経新聞、癌電話相談より。
多発性骨髄腫は血液細胞の1つである形成細胞ががん化した血液の癌です。

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑