多発性骨髄腫でベルケイドを続ける?皮下注射の方が効果が長い

公開日: : 最終更新日:2014/10/28 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 多発性骨髄腫でベルケイドを続けていいのか?

75歳女性です。
5年前、多発性骨髄腫を発症、ステージⅡでMP療法を2年間行いましたが、薬が効かなくなってしまいました。
2年前に治療薬をベルケイドに変更し、現在月に1回、外来で治療を受けています。
ベルケイドの注射は最初は皮下注射を毎週行っていましたが、今は量を少しづつ減らして月1回になり、注射があまりに痛いので、血管に注射しています。
ベルケイドの注射はずっと続けていていいのでしょうか?

回答

MP療法は古い治療法で、2年以内に半分の方が効かなくなります。
かなり延命できたとしても4~5念以内に多くの方が亡くなってしまいます。
分子標的治療薬のベルケイドを使うようになって5年以上生きられる方が増えてきました。
お薬はもう1種類ありますので効かなくなったときはそちらに変えればいいので、ベルケイドが効いている間は大事に使ったほうがいいです。

効果が出ているかどうかは検査データでわかります。
フリーライトチューン(FLC)を毎月測定する必要があります。
血液中のFLCの値が下がっているようであれば、非常によく効いているということですし、上がってくれば効いていないので、注射の回数を増やすか、薬を変えるかです。
副作用として下痢、便秘、しびれなどの程度にもよりますが、効果がでている限り続けたほうがいいと思います。

質問

今の治療法でいいのでしょうか?

回答 皮下注射の方が効果が長く続きます

静脈注射または点滴を行っているとの事ですが、血管注射はしびれが酷くなっていきますので、できれば皮下注射にしたほうがいいですね。
そのほうが効果が長く続きます。
投与は月1回ではなく、2回以上、2週続けて注射し、3週目は休むなどしたほうがいいです。
通常は最低週1回、つきに3~4回行っています。

平成26年10月21日の産経新聞、癌電話相談より。
多発性骨髄腫は血液細胞の1つである形成細胞ががん化した血液の癌です。

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑