早期腎盂がんのレーザー手術は2回したほうがいい?

公開日: : 最終更新日:2015/02/18 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 腎盂管全摘術したほうがいい?

72歳の男性です。
8年前に膀胱がんでTUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍摘出術)を受け、術後抗がん剤の膀胱内圧注入療法を1回行い再発はしていません。
先日健診で左腎盂の腫れを指摘され、早期で低悪性度の腎盂がんと診断されました。
レーザーでの腎盂尿管鏡手術を受けましたが、取り残しがありました。

主治医からレーザー手術は2回行えば取りきれると思いますが、もう一度レーザー手術をするか、左の腎盂管全摘術を受けるか決めてください。
といわれました。

回答 残すか取るか

低悪性度で本当に小さな腎盂がんならばレーザーで取りきれる可能性はありますので、左の腎盂を残すことはできます。
ただし、取り切れても再発のチェックのため、3ヶ月~6ヶ月に1回、定期的に尿管鏡検査を受ける必要があります。

尿管鏡検査は入院して麻酔をかけて行いますが、尿管の中で調べるのは結構大変なことですので、それを繰り返し続けていくことは覚悟がいります。

質問 腎臓は片方とるべき?

腎臓は片方とっても大丈夫なのでしょうか?

回答 早期腎盂がんの術後取り残し腫瘍の治療法

反対側の腎臓が健全であれば片方の腎尿管全摘でも日常生活に支障はありませんが、ごく稀に反対側の腎臓に腫瘍ができる場合があります。
ゴマ粒のような小さな腫瘍で、もう一度レーザーでの腎盂尿管鏡手術を行えばとり切れるといわれているのであれば、
全摘するのはもったいない気もします。

ご本人のレーザー手術をして腎臓を残したいという気持ちと、辛い尿管鏡の検査を繰り返し続ける覚悟があるのなら、もう一度レーザーでの腎盂尿管鏡手術を受けてみて、再発するかどうか様子を見るという考え方もあります。
再発したり、経過観察が大変になったらそのとき、左腎尿管全摘術を受けるのがいいのではないでしょうか?

関連記事

no image

肺に転移した腎臓がんは切除して取ったほうがいいの?その後スーテント?

肺に転移した腎臓がん、摘出したほうがいい

記事を読む

no image

卵巣がん再発後に5年生存できる患者の2つの特徴

74才の女性です。 3年前、左卵巣がん

記事を読む

no image

卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステ

記事を読む

no image

パーキンソン病、家族からの相談

患者を支える家族からの相談がよく寄せられ

記事を読む

no image

癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステー

記事を読む

no image

抗がん剤治療の75歳以上との違い持病、変化

がんの薬物利用は近年どう変化していますか

記事を読む

no image

前立腺がん手術後PSA上昇 ホルモン治療継続 救済照射後治癒の確認

がん電話相談から前立腺がん手術後PSA上

記事を読む

no image

乳がん乳房温存手術後の皮膚転移の治療法は?

53歳の女性です。 12年前乳がんステ

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

no image

甲状腺乳頭がんのリンパ節、再発転移する可能性

質問 甲状腺乳頭がん全摘後の再発の可能性

記事を読む

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑