早期腎盂がんのレーザー手術は2回したほうがいい?

公開日: : 最終更新日:2015/02/18 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 腎盂管全摘術したほうがいい?

72歳の男性です。
8年前に膀胱がんでTUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍摘出術)を受け、術後抗がん剤の膀胱内圧注入療法を1回行い再発はしていません。
先日健診で左腎盂の腫れを指摘され、早期で低悪性度の腎盂がんと診断されました。
レーザーでの腎盂尿管鏡手術を受けましたが、取り残しがありました。

主治医からレーザー手術は2回行えば取りきれると思いますが、もう一度レーザー手術をするか、左の腎盂管全摘術を受けるか決めてください。
といわれました。

回答 残すか取るか

低悪性度で本当に小さな腎盂がんならばレーザーで取りきれる可能性はありますので、左の腎盂を残すことはできます。
ただし、取り切れても再発のチェックのため、3ヶ月~6ヶ月に1回、定期的に尿管鏡検査を受ける必要があります。

尿管鏡検査は入院して麻酔をかけて行いますが、尿管の中で調べるのは結構大変なことですので、それを繰り返し続けていくことは覚悟がいります。

質問 腎臓は片方とるべき?

腎臓は片方とっても大丈夫なのでしょうか?

回答 早期腎盂がんの術後取り残し腫瘍の治療法

反対側の腎臓が健全であれば片方の腎尿管全摘でも日常生活に支障はありませんが、ごく稀に反対側の腎臓に腫瘍ができる場合があります。
ゴマ粒のような小さな腫瘍で、もう一度レーザーでの腎盂尿管鏡手術を行えばとり切れるといわれているのであれば、
全摘するのはもったいない気もします。

ご本人のレーザー手術をして腎臓を残したいという気持ちと、辛い尿管鏡の検査を繰り返し続ける覚悟があるのなら、もう一度レーザーでの腎盂尿管鏡手術を受けてみて、再発するかどうか様子を見るという考え方もあります。
再発したり、経過観察が大変になったらそのとき、左腎尿管全摘術を受けるのがいいのではないでしょうか?

関連記事

no image

タモキシフェンで子宮筋腫が大きくなる可能性、子宮内膜症も悪化

48歳女性です。 2年三ヶ月前、左乳癌

記事を読む

no image

パーキンソン病、家族からの相談

患者を支える家族からの相談がよく寄せられ

記事を読む

no image

子宮全摘出、子宮切除後にHPVが陽性になることはよくあること

高齢者の子宮頚部前がん病変、全摘術後もH

記事を読む

no image

ホルモン治療と放射線治療でPSAが2になるまで経過を見ましょう

68歳の男性です。 10年前にPSAが

記事を読む

no image

卵巣顆粒膜細胞腫の3度目の再発予防のために化学療法は?

質問 卵巣がんの抗がん剤で治療しましょう

記事を読む

no image

アブラキサン追加ですい臓の腫瘍は縮小したが白血球が減る

すい臓がんは沈黙の臓器といわれ、若くても

記事を読む

no image

乳がん(非浸潤癌)全摘、術後のホルモン治療、補助療法は必要ない

質問 乳がん(非浸潤癌)全摘、術後の治療

記事を読む

no image

γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγ

記事を読む

no image

脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断され

記事を読む

no image

潰瘍性大腸炎は放射線治療の照射で悪化し穿孔を起こす恐れ

68歳男性です。 3か月前、PSA値4

記事を読む

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

→もっと見る

PAGE TOP ↑