前立腺がんが急に進行で腰椎転移は変形腰椎症?

公開日: : 最終更新日:2015/06/06 がん電話相談から 過去ログデータ

72歳男性です。
1年2ヶ月前、PSA値9で前立腺の針生検を行い12本調べましたが癌は見つかりませんでした。
1ヵ月後、前立腺肥大の薬、アボルブを飲み始めました。
半年後にPSA値が14になったため、翌月再び生検を行いました。
14本中、7本から癌が見つかり、グリーンソンスコアは8でした。
骨シンチグラフィーで腰椎の5番に転移しているといわれ、CT検査で骨盤リンパ節の腫れが数箇所、膀胱への浸潤も疑われました。

半年前からリュープリンとカソデックスによるホルモン治療を受けています。
2ヶ月前のMRI検査ではリンパ節転移と膀胱浸潤は縮小していました。
1ヶ月前のPSA値が0.13になったため原発巣に放射線治療を行うことを勧められています。

回答 腰椎転移の場合とそうでない場合

わずか半年で急に進行したようですが、前立腺がんとしては珍しいケースです。
アボルブを飲むとPSA値は通常半分くらいに下がります。
半年後のPSA値14というのは実際もっと高かったわけです。

腰椎転移じゃないかも?

腰椎の5番については変形腰椎症の場合も多いので骨シンチグラフィーでの異常というだけでは確定診断になりません。
CTやMRIで転移といえる所見だったのでしょうか?
別の病院でセカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょう。
その結果、明らかな骨転移とはいえないということであれば、前立腺もしくは全骨盤への放射線治療を追加する価値はあると思います。

腰椎転移の場合

腰椎に転移しているのであればもう少しホルモン治療を進めて経過を見るのがいいのではないかと思います。

質問

放射線治療の副作用は?

回答

放射線性膀胱炎による頻尿、排尿困難、排尿痛や血尿、放射線性直腸炎による下痢や血便という副作用があります。

平成27年5月26日の産経新聞の生活欄、癌電話相談より。

関連記事

no image

頑固な悪性リンパ腫の化学療法、治療法の種類

質問 治療経過は適正でしょうか 5

記事を読む

no image

抗がん剤が最適。再発胆のう癌の腹壁転移に骨盤転移

質問 腹壁転移に骨盤転移に化学療法

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

前立腺がん。転移がない場合に完治も期待できる放射線治療

高リスク前立腺がんで術後PSA値が上昇傾

記事を読む

no image

脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET

記事を読む

no image

医療は治療<検査<予防<予測へ 検査LOX-index

若い人からでも動脈硬化の進行具合と血管内

記事を読む

抗がん剤治療中の食事に影響を与えるもの

抗がん剤で食べられなくなる理由、食べられない時の心構え

2人に1人は癌になる時代、がん患者の

記事を読む

no image

シスプラチンとビノレルビン、術後抗がん剤の副作用が心配

質問 抗がん剤の副作用が心配 70

記事を読む

no image

前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。 前立せんがん全摘出

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑