前立腺がんが急に進行で腰椎転移は変形腰椎症?

72歳男性です。
1年2ヶ月前、PSA値9で前立腺の針生検を行い12本調べましたが癌は見つかりませんでした。
1ヵ月後、前立腺肥大の薬、アボルブを飲み始めました。
半年後にPSA値が14になったため、翌月再び生検を行いました。
14本中、7本から癌が見つかり、グリーンソンスコアは8でした。
骨シンチグラフィーで腰椎の5番に転移しているといわれ、CT検査で骨盤リンパ節の腫れが数箇所、膀胱への浸潤も疑われました。

半年前からリュープリンとカソデックスによるホルモン治療を受けています。
2ヶ月前のMRI検査ではリンパ節転移と膀胱浸潤は縮小していました。
1ヶ月前のPSA値が0.13になったため原発巣に放射線治療を行うことを勧められています。

回答 腰椎転移の場合とそうでない場合

わずか半年で急に進行したようですが、前立腺がんとしては珍しいケースです。
アボルブを飲むとPSA値は通常半分くらいに下がります。
半年後のPSA値14というのは実際もっと高かったわけです。

腰椎転移じゃないかも?

腰椎の5番については変形腰椎症の場合も多いので骨シンチグラフィーでの異常というだけでは確定診断になりません。
CTやMRIで転移といえる所見だったのでしょうか?
別の病院でセカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょう。
その結果、明らかな骨転移とはいえないということであれば、前立腺もしくは全骨盤への放射線治療を追加する価値はあると思います。

腰椎転移の場合

腰椎に転移しているのであればもう少しホルモン治療を進めて経過を見るのがいいのではないかと思います。

質問

放射線治療の副作用は?

回答

放射線性膀胱炎による頻尿、排尿困難、排尿痛や血尿、放射線性直腸炎による下痢や血便という副作用があります。

平成27年5月26日の産経新聞の生活欄、癌電話相談より。